夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

お客様の声 の記事一覧

【259記事】コピーライティングのモニターさんの変化

<更新日時> 03月31日(月) 08:49

たまには応援クリックして頂けると嬉しいです↓
⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

 

2013年の5月頃に新しいコピーライティング
教材のモニターを募集しました。

 

その時に、応募してきてくれたモニターの方
の変化をお伝えします。

 

彼女は以前は、
転売ビジネスをやってて労働収入だったのですが、

ライティングの力を使ってメルマガをはじめ、
本業を越える継続収入とメジャーなビジネス誌の
Big Tomorrow さんから取材まで受けられる
ようになりました。

 

以下は、2013年に近況を報告してきてくれた
ときのメールになります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岡村様

 

すっかりごぶさたしています。

 

新魔法のモニターをさせていただいたミネコです。

その節は本当にお世話になりました。

 

なかなか予定していたように進めず
ご心配・ご迷惑もお掛けしてしまったと思います。

それでも指導して下さった岡村さんに
本当に感謝しております。

 

さて、あれから、アフィリエイトと
輸出コンサルを続け山あり、谷ありでした。

 

というのは、チラシまきで夫が身体を壊し、
ついに仕事をやめてしまい、8月には
二人でネットビジネス専業になってしまったからです。

 

はじめはいきなり収入が下がり、どうなることかと
思いましたが大体アフィリとコンサルで本業を
越える収入をキープできるようになりました。

 

そして先日、いきなりBig Tomorrowの取材を受けました。
(2014年1月号)

 

(ブログを見て、連絡してきてくれました。)

 

ここからブログに来る人も増えたらしく、
今月はいい感じでコンサルの人も増えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今後が非常に楽しみですね。

 

ブログから、取材の申し込みというのが
あるので、何か専門的な仕事をしている
方は、ブログを始める事は非常にオススメです。

 

以下、取材記事です

minekosan

 

 

 

 

 

 



岡村元紀

【256記事】今、仙台のテレビ・新聞が大注目!23歳の若手起業家

<更新日時> 03月28日(金) 10:30

たまには応援クリックして頂けると嬉しいです↓
⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

 

ISY代表の長綱茂雄さんと私のコラボ・コンサル
に入って下さっている戸ケ瀬さん(23歳)の
飛躍が止まりません。

 

以前は、家族や社会からも理解を得られない
ネットビジネスの仕事を辛く思うときもあった
そうですが、今は本当にやりがいをもって、
目を輝かせて活動されています。

 

家族からも応援されていて、テレビ・新聞・マスコミ
からも取材を受けるまでに進化されました。

新聞
市民ジャーナリストの方からの取材

※テレビは4月に放送されるようなので、
また、その時にご紹介します。

 

ちなみに、この戸ケ瀬さんの顧客の一人ですが、
現役大学生20歳で半年かからず年収1千万円に
なった人まで出てます・・・。

 

元来、パートナーの長綱茂雄さんが発案したこの方法は
30年先まで右肩上がりで利益を出せると私は感じています。
子弟子の戸ケ瀬さんが飛躍している方法も、
孫弟子の彼も同じ方法です。

 

つまり、この方法は本物なんです。

 

よく、「能力」を問題視しますが、
二人とも私たちに出会うまでは本当に
”何年”もずっと稼げていませんでした。

 

自分たちが偉いと言いたいわけじゃ有りません。
私のほうが彼らよりもっとズタボロでした。

 

起業の成功は能力などではなくて、
「如何に本物の情報源を掴めるか?」が命と思っています。

 

資産構築法で資産家は知識に投資すると
伝えましたが、今後、余生が60年ぐらいあると
思う、彼らには60年でどのぐらいの資産が
跳ね返ってくるでしょうか?

 

情報1つで人生が変わるし、情報こそ
今後更に価値があがっていきます。

 

如何に不要な情報をカットし、
本物だけを脳にいれるか、本物を見極める
センスが大切になってきます。

 

それにしても・・・

これからの時代、本当に年功序列の
真逆になっていって、中学生で年収1千万
(親父の給料を抜くせがれ)が
出て来ても全くおかしくないと感じています。

 



岡村元紀

【252記事】プロフとはお客様に向けた正直なラブレター

<更新日時> 03月25日(火) 14:24

岡村です。

 

プロフィールを更新しました。

読んで頂ければ幸いです。

 

(○○の数値の部分は、記憶が曖昧なので

調べてから、後から埋めます。 )

 

私が起業したのは27歳の時です。

 

それまでバイトや社員として20以上の職を点々として、
どれだけの経営者に迷惑をかけて来たか分かりません・・・。

 

地元静岡の大学を19歳の時、中退し、
地元の繁盛店だった居酒屋の女将に弟子入りしました。

 

3ヶ月もせずに辞めて、
「俺はもっとデカい店で一流の板前になる!」と
宣言して、大阪の一流割烹やの門を叩きました。

 

が、私はたった3ヶ月で大阪から逃げ帰っていました。

 

20歳の世間知らずの若造には想像もできないほど
一流の板前の世界は厳しかったのです。

 

その後、私はしばらくフリーターをやりました。

 

コンビニの店員から、工場で働く派遣社員、
家庭教師など・・・どれも3ヶ月も続きませんでした。

 

身を固めたいと思い、友人の紹介で
静岡県の地元の建設会社に入社しました。

 

これも1年ぐらいで辞めてしまいました。

 

「自分がやりたいことって何だろう?」
その頃、ずっと考えていました。

適正がある仕事をずっと探していました。

 

そして、20以上の職を点々として最後に
行き着いたのは、元の19歳の頃に私を雇ってくれた
女将さんのお店でした。

 

再び、女将さんの元で働かせて頂く事になりました。

 

1年が過ぎた頃、出世して私はお店の
板前の中のリーダーをやらせて頂いていました。

 

でも、内心は不満ばかりを感じていました。

 

「何でこんなに労働時間が長いんだろう?」
「何で俺の給料はこんなに安いんだろう?」

 

結局、これも1年半で辞めてしまったのです。

 

自分を何とかしようと面倒みてくれた女将
さんを裏切り、応援してくれたお客さんの
気持ちを考えずに、お店を辞めたのです。

 

この時が25か26歳だったと思います。

 

私は、自分勝手で、普通の社会人さんのように
辛抱強く働く事ができない人間でした。

 

人間関係もうまく気づけるほうではありませんでした。

 

そして、フラフラとパチンコを打ちながら
何の目的も夢も持たず、生きる生活を
し始めてしまいました・・・。

 

その時も女将さんとは連絡を取り合っていて
彼女が「ネットビジネスというものがあるよ」
と私に紹介してくれたのが縁で、起業を
決断したのです・・・。

 

長くなるので、略歴にしてまとめました。

 

当時の詳しい話はコチラにまとめましたので、
どうやってパチスロニートからネットビジネスで
起業したのか、知りたい方はご覧下さい。

パチスロニートから起業家へ・・・物語

 

◆略歴

 

2006年 板前を辞めてパチスロニートになる
(※1年半スロットのみで250万円を稼ぎました。
1年のうち360日パチンコ屋にいるような生活でした)

 

2008年 ネットビジネスの世界に参入
(スロットで稼いだ250万円を全て失い借金までするように・・・)

 

2009年某月 フリーのコピーライターとしての活動を本格的に始める

あまり名前を出すと迷惑かかると思うので、実績をたくさん
出せませんが、クリス○崎さんや宝○図の望○さんなど各分野の
業界トップのコピーも手がけさせて頂いた経験があります。

 

2009年4月 コピーライティングを学べる教材
「魔法のコピーライティング」(2980円)をネットで販売しはじめる

 

コネ無し・リスト0だったが、苦肉の策の営業メールを送り、
業界の権威に紹介して貰い、1円も広告費を使わず○○本販売に成功する

 

お客様の中には、ライティングの勉強ゼロだった方が
1週間後にメールで7本商品を成約したり、サラリーマンの方が
会社の廃棄商品を販売する手紙を書いて50万円売り上げをあげたりされました。

 

2009年某月 グアムで伊勢隆一郎さんから「最優秀起業家賞」を受賞する

 

2009年7月 ライティング教材の2作目「ステルス」(25800円)を販売する
5通のメールを使い4日で100本以上の販売に成功。

 

お客様の中には、ネットビジネスで稼げなかった主婦の方は
アフィリエイトで毎月6桁稼ぎ、5年以上ずっと稼がれています。
参加された方の多くがライティング教材は「コレ1つあれば他は不要」
と言ってくれました。

 

2010年某月 コピーライター独立起業法「リミット20」セミナーを開催

お客様の中には、今はコピーライターとしても急成長を遂げ
ワード87ページの文字量で単価100万円を頂くコピーを手がける人も。

 

2011年 東京進出

ネットビジネスだけではいけないと思い、年間売り上げ100億円
(創業30年以上)を越えるグループ会社を束ねる健康産業のボス
(経営者65歳)の元で無償で働かせて貰い、ビジネスや人生について学ぶ。

 

2012年 コンサルタント活動を始める 「鉄板プログラム」を販売
月額2万5千円×3ヶ月 13名限定 満員御礼

 

お客様の中には、
会社をリストラされた23歳の若者はそれまで2年以上、
月3万円すら稼げなかったのが90日で月50万以上を稼げるようになる。
参加前、未報酬だった女性ブロガーは安定して毎月6桁稼げるようになる。
5年以上、1万円させ稼げなかった62歳の主婦はプロのライターデビューする。

 

2013年某月 師匠の商品をプロモーション販売する。
180名のお客様に告知した所、
120万円のサービス「コラボオファー」に○名参加して頂く

お客様の中には、

 

2013年7月 新・魔法のコピーライティングを販売
○○日で○○○本販売

 

■私の使命・経営理念

 

「何年も結果が出ず、諦めかけているお客様を奮起させ、
まず経済的成功を達成し、友人になり、生涯のビジネスパートナーにすること」

 

※ 2014年3月に法人事業「夢実現コンサルティング協会」を設立、
これは鉄板プログラム、コラボオファーに参加してくれたお客様
と一緒に法人化した事業です。お客様をビジネスパートナーに。
もっと有言実行していきます。

 

■申し訳有りませんが、私はお客様を選びます。

 

私が起業して5年間、ネットビジネスの成功者で、
人間的にも、心から尊敬できると思えた人は伊勢隆一郎さん、
村上むねつぐさん、長綱茂雄さんだけでした。

 

もちろん、これは出会った成功者が少ないからだとも思います。

 

ただ、3人には特徴があって、お金だけではなく
人生トータルの成功者という事です。

 

お客様との関係
奥さんや友人やご両親との関係
そして、社会的にも意義がある事をしている、
全てにおいて上手く行っている人たちです。

 

「私もこうなりたい」とか、こういう価値観をもった方は
ぜひ、私の無料コンテンツを受け取って下さい。

 

おそらく、私とも相性が良いですし、
私のお客様の中で上手く行った人の特徴の
統計からみて、上手く行きます。

 

逆に、5年間で合わない人はどんな人たちだったか?

 

とにかくお金自慢・儲かっているPRが大好きな人たちです。
「合わない」とずっとずっと悩んで避けてきました。

 

口を開けばお金の話。聴いていてつまんないです。
凄くエネルギーを奪われて、疲れます。

「お金さえ」という価値観の人はお互いに時間のムダになるので
私の無料コンテンツや商品を買わないで欲しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以下、プライベートな話になります。

 

世界的な投資家のウォーレン・バフェットさんは、
投資をする際に、必ず社長と会ってから決めると聴きました。

 

「この社長に、自分の娘を預けることが出来るかどうか」
これが、彼が投資先を選ぶ判断基準らしいのです。

 

私も、自分のビジネス以外の側面も
あなたに知って、安心して欲しいと思っています。

 

迷惑がかからない程度、少しだけお話しします。

 

■奥さんとの出会い

 

奥さんとは、ネットビジネスが縁で出会いました。

 

ネットビジネス系のある塾で、ダンスを教える
先生と出会って、彼女はその生徒でした。

(ダンスの先生に紹介して貰って
私たちは知り合いました。)

 

仕事はスカイツリーのショップで働く
アパレル店員(20代)でした。

 

容姿は深田恭子さんに似ていると
よく昔から言われてきたそうです。
私も似てると思います。

 

奥さんは、ネットビジネスのことは全く知りません。

 

一度、「これ、面白いしタメになるから
一緒に勉強しよう!」とある動画で一緒に
勉強しようと言って強引にワークをさせようと
したら、泣き始めてしまいました。

 

そのぐらい、ビジネスには関心が無い、
普通の女性です。

 

尊敬する人はミランダ・カー
好きな食べ物はイチゴ
好きなぬいぐるみは熊です。笑

 

今は、仕事を辞めて、育児に専念しています。

 

■息子の話

 

« 前ページへ

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書