夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

2013年8月の記事一覧

【48記事】あなたの日記を1億円で買います

<更新日時> 09月01日(日) 01:13

今、ネットビジネスに挑戦している

人はぜひ日記をつけて下さい。

 

日記はあなたの人生にとって
かなり素敵な財産になります。

 

あなたが将来成功した時に、その
日記がオークションで数千万円、
数億円で販売することが可能です。

 

1年後に日記を振り返った時に
あなたの成長がみえます

 

また、自分の成長過程をみることで
トラブルが起きた時の対処法もわかりますし
何をすればどのぐらい儲かるのかも
その日記に書いてあります。

 

1年 3年 5年 10年と自分の
成長を書き続けたらそのノートは
あなたにとってどのぐらいの価値を
産んでくれるでしょうか?

 

99%の人がやりませんが、
今日から0円でできる成功法則です。
人気ブログランキングへ

 

いつもありがとうございます。

岡村元紀

【47記事】なぜ、日本の上司はスイス人に嫌われるか?

<更新日時> 08月30日(金) 09:12

先日、スイスの友人がこんな愚痴をこぼしてました。

スイスから日本の企業に就職して辞めていったアラサー男性です。

 

・・・・

 

とにかく、日本の奴隷のような労働システムが理解できないんだ・・・

 

僕は2億円の売り上げに貢献したんです、

 

でも、しっかり会社に勤務していたわけではありません。

それが上司の目からは不真面目と映り

ロクに評価してもらえませんでした。

 

彼は上司にこう申し出ました。

 

2億円の売り上げをあげて、会社の利益も

かなり大幅にあげました、だから、しばらく

旅行に行ってきていいですよね?

 

すると、

 

「もっとまじめにやりなさい!君は~」

 

と、バカ者扱いされてしまって

その上司のお気に入りのB君を例に出して

彼のようになりなさいと言われたそうです。

 

B君は売り上げこそ年間1000万円にも貢献

していませんが、毎日、残業も入れて10時間しっかり

勤務してまじめに出席することに関しては完璧な優等生でした。

 

スイス人からしたらB君はダラダラ働いていて

何も成果を出せない奴と思ってたのですが、

上司の評価は優等生だったのでおろどいたようです。

 

最終的には、上司はB君を選び、2億円売り上げに

貢献したスイス人を首にしたのです・・・

 

あなたはどう感じますか?

 

上司の言い分もわかりますが、

これは典型的なサラリーマンの考え方で

サラリーマンの方が起業して一番うまくいかない

原因だと思っています。

 

起業家(経営者)は毎日20時間働いても

商品が売れなければ1円も収入が入ってきません。

逆に、1日30分だけ働いいてもそれが物凄く

価値を生んでいれば月収100万円になれたりもします。

 

働いている時間の量はは全く関係ないんです。

 

成果主義にならないとビジネスはうまくいきません。

 

日本の全ての会社がそうだとは思わないですが、

長い時間まじめに働く人間だけを評価していたら

この国は世界の先進国に次第に遅れを取っていく

のが容易に想像できます。

 

あなたも成果主義になってください。

 

お陰様で電子書籍ランキング1位になりました。

いつもありがとうございます。

 

こちらから確認できますので確かめてみてください。

人気ブログランキングへ
岡村元紀

 

【46記事】オススメの作業BGM

<更新日時> 08月28日(水) 07:23

 

最近コレを聴きながら作業しています。

 

自然の音は落ち着きますね。

 

以前、何かの本で読んだのですが

雨の音などは人をリラックスさせたりする

効果が、科学的にあることが証明されているようです。

 

そう考えると、自然って本当に凄いと思いますね。

 

ひぐらしの鳴き声や

流水の音

蛙の鳴き声

 

なんかも、聴いているとどんなリラックス系の音楽よりも

どんな偉大な歌手の歌声よりも落ち着きます。

 

私が田舎出身で小さい頃から耳にしていた

からなのかも知れませんが・・・。

 

ちなみに、奥さんに「子供の頃ひぐらしの鳴き声を

聞いていたか?」と聴いたら、聴いたことがないと

言っていました。

 

奥さんは千葉県出身で子供の頃から東京に

遊びに行っていたと言います。都会っ子です。

 

もしかしたら彼女にはリラックス効果ないかも知れません

田舎者でちょっとだけ人生得したような気分です(笑

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

 

岡村元紀

 

【45記事】なぜ、俺は稼げないんだ!

<更新日時> 08月27日(火) 14:45

「なぜ、上手くいかないのか?」わからなくなっている人は
自分の視野が狭くなっている可能性が高いです。

 

自分のセミナーをビデオにとって
観たことはありますか?

 

メールやブログに書いてあることについて
読者さんに感想を聴いたことがありますか?

 

ビジネスはシビアですが、
お客さん(読者さん)の評価=あなたの評価です。

 

自分では書けているつもりでも
全く読者さんに届いていないことはあります

 

「俺はコピーがうまい」
「俺は女性にモテている」
「俺の商品は最高のもの」
「俺の発言に間違いはないはずだ」

 

(でも、なぜかお金につながらないんだ!

なぜか、お客さんが商品を買ってくれたり
セミナーに来てくれたりしないんだ!)

 

あなたが自分に抱くイメージはただの幻想かも知れません

 

今日から、読者さんの声・お客さんの声に
全力で耳を傾けてみてください。

 

無料でもいいのでスカイプや電話で
「アドバイスしますのでコンサル受けてみませんか?」
といって全力で客観的な言葉を貰って下さい。

 

もちろん、アンケートでも構いません。

そこに真実があると思います。

 

お客様に光をあてている人は
ビジネスでも迷わないです。

 

自分の想像でビジネスをスタートしないことです。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします

人気ブログランキングへ

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

 

岡村元紀

 

【44記事】情報商材アフィリエイターさんへ

<更新日時> 08月27日(火) 14:30

あなたは、

「○ヶ月で月収100万円になれる」
みたいな、情報商材を買った事はありますか?

 

その商材というものを買うと、大抵
「アフィリエイトで稼ぎましょう」
という内容が書いてあります。

 

情報商材というのは8割型、
以下の4つの稼ぎ方を教えています。

 

・オークション系(せどり含む)
・アドセンス
・アフィリエイト
・情報販売者

 

たくさんあるように見えますが
蓋をあければ8割ぐらいは上記
4つに集約されます。

 

そのほとんどがアフィリエイトで
稼ぎましょうなんですね。

 

そういう影響もあってか、
「アフィリエイターさんはアフィリ
エイトで稼がなくてはならない」

と情報販売者に洗脳されていると思います。

 

セミナーを開いてアフィリエイトを
やっている人に会って話を聴いてみると

「こういう情報をお客さんに売り込むのは
イヤだけど他にないからアフィリエイトやっている」

という人に出会います。

 

情報商材アフィリエイトを否定したい
わけではなくて、それもやったら良いと
思いますが、実は、もっと広い世界に
目を向けたほうが簡単に稼げます。

 

ということにも気づいて欲しいのです。

 

情報商材アフィリエイトが特殊で狭い

世界というのは簡単に分かります。

 

会社の同僚でも上司でも友人でも良いですが
「情報商材を買った事がありますか?」
と聴いてみてください。

 

大抵、情報商材という言葉もわからないんです。

 

1万円も出して怪しい世界の情報商材を

買うというのがまるで意味がわからないんです。

 

アフィリエイトも聴いたことがあるけど
何か怪しい世界みたいに一般の人からは
未だに思われています。

 

で、

 

情報商材のアフィリエイターさんは
同じようにアフィリエイターさんに向けた
ブログ記事を書いているんですね。

 

検索キーワードも業界の専門用語で
検索してくる人をターゲットにしてますからね。

 

だから、同じネットビジネスでも外の世界で
稼いでいる人からみると特殊な狭い市場で
同じお客さんに向けてのみ売っているように
見えます。

 

それでは、辛いと思います。

 

ブログをみれば、みんな似たような形なんですね。

 

3カラムで右に商材のバナーがあって~

 

多少変わると思いますが一発で

「あ~この人も情報商材の
アフィリエイトしてるのね」

と分かります。

 

視野を広げてビジネスの本質から
学ぶべきだと思います。

 

「なぜ、俺は稼げないんだ!」

 

「このままネットビジネスを
続けていても将来が不安」

 

という人は販売者の篭の中でビジネス
をさせられている可能性があります。

 

ハッキリ行って売る商品も
売るお客さんも無限にいますし、
サラリーマンよりも安定して5年
10年、稼げます。

 

もっと視野を広く持つべきです。

 

「なぜ、俺は稼げないんだ!」
という人は、

 

「自分のいる業界の現状」
も考えたことがなく、

 

「なぜブログをやっているのか?

目的も知らず
ただ、周りがやっているから
商材に書いてあったからやっている」

となっていませんか?

 

最後に、念の為に行っておきますが
私は情報商材アフィリエイトを否定
したいわけではありません。

 

みんな気づいていませんが、こんな競争激しい
アフィリエイトで稼げる人たちは
素晴らしく高度な知識とスキルをお持ちです。

 

それだけの知識やスキルがあったら、
洗脳から抜け出して視野を広げれば
現状でもっと稼げる事に気づいて欲しいんです。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ
いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

 

【43記事】一生忘れないと思います

<更新日時> 08月26日(月) 14:04

たぶん、この出来事は一生忘れないと思います・・・

 

7月25日は3時間30分かけて

「3日坊主を一瞬で卒業する」という

テーマでセミナーをやらせて頂きました。

 

参加者さまの中に

「3千円のセミナーですが岡村さんに会うために

海外から7万5千円かけて行きます。」

とメールを下さった方がいました。

 

私は返信メールで

お気持ちがとても嬉しい事を伝え、

 

「でも、3千円のセミナーで7万5千円も

交通費で使わせてしまうのは申し訳ないので、

一度スカイプでお話しませんか?」

と伝えました。

 

するとその方は

「いえ、岡村さんに会ってみたい

という私の決心は変わりません」

とおっしゃってくれました。

 

私は7万5千円分の価値をお返しするつもりで

気合いをいれてセミナー内容を考えました。

 

そして、セミナー当日、その方は一番前の

席にいらしてセミナーがはじまる1時間以上

前に会場に来てくれたと言いました。

 

1時間も座ってセミナー開始を待っていてくれたのです。

 

セミナーが終わって、感想を聴いてみると

 

「正直、セミナーの内容は何でも良かったんです。

岡村さんに会えたことが一番の収穫でした。」

 

と言ってくれて、ツーショットの写真をとってその方は

またフィリピンに飛行機でお帰りになりました。

 

じつは、私はこの方の気持ちが凄く分かります。

 

「あの人の商品だったらいくらでも払う

お金じゃないし、内容でもない」

そういう経験は自分もあるからです。

 

インターネットビジネスは奇跡だと思っています。

 

まだ、一度も会っていないのにほぼ

文字だけのコンテンツで読者さんに

ここまでの気持ちになってもらうことができる

ということは現実に起こっています。

 

人は自分が体験してことがないことは

真実だと認めない生き物ですが、

私がブログで書いている事は全て本当の話です

 

120万円の商品を一度も会ったことがない私に

オンライン上で決済を済ませてくれた方もいます。

 

私自身も稀に不思議に感じますが、

一度も会ったことがないのに、

普通は考えられないと思います。

 

あなたもブログで文章を書いていたり

するかもしれません。

 

ネットで文章を書くことを極めていくと

すごく影響力を与えてしまうことになります。

 

私も責任感をもって文章をこれからも書いていきます。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

 

【42記事】5%の人

<更新日時> 08月24日(土) 22:51

この話をはじめて聴いたとき、私は

恥ずかしさで耳が真っ赤になってしまいました。

 

「ホスピタリティ(おもてなし)」を1つで

若くして年商億を稼いでいる男から聴いた話です・・・

 

あなたはタクシーに乗ってメーターが

いつもより多く回っていたらイラっとして

文句を言いたくなった事がありませんか?

 

コンビニで買い物してもレジ打ちの人が

モタモタしていたらイラっとしたことがありませんか?

 

恥ずかしながら私は多々ありました。

 

「俺は客で、あなたは仕事。

お金を払っているのだからスムーズにストレスなく接して欲しい。」

みたいな気持ちがあるからだと思います。

 

「当然なんじゃないの。」と思う人もいると思います。

 

ここであなたが起業して、ビジネスで

大きく稼げるようになりたいのならば、

お金を払って感謝を伝えられる人になって下さい。

 

これは非常に難しくて95%の人が出来ないことなんです。

 

「俺は客だから。おもてなしを受ける側だぞ!」と

どうしても思ってしまうんですね。

 

お金を払う側なのに「ありがとうね」と言える人は

「提供」の精神が身についています。

 

その一流のホスピタリティを身につけた男はこんな話をしてくれました。

 

はじめて行ったレストラン。

料理も美味しくて気に入ったならマスターに

 

「ここの料理ほんとに美味しいです。」

と素直な感想を伝えて

 

「マスターは、お酒飲めますか?」

と聴いて下さい。

そして、お酒が飲めるなら1000円ぐらい出して

お酒を奢ってあげてください。

(飲めない場合はドリンクで大丈夫です。)

 

「一緒に一杯飲みましょう」と言ってあげてください。

 

そうです。

お客の立場でありながらドリンクを奢るんです。

 

(※何千万もかけて内装を綺麗に整えてこんな

素敵な料理を出してくれてありがとう!)

 

そこに対して感謝の意味を込めておごってあげて下さい。

 

お店の人間からするとあなたの行動はかなりの

インパクトがありますので確実に覚えてもらえます。

 

そんなお客さんは5%未満なので、2度目に来店

したときには、完全に顔も覚えてもらえて、

常連さんのように大切に扱ってくれます。

 

俺は客だから。というブロックを外して

提供が出来るようになると書く文章も変わってきます。

 

お金を払って感謝の気持を伝えられる人。

簡単にいうと提供の精神に溢れている人だと思って下さい。

 

こういう人はビジネスをやっても何をしても上手くいきます。

人が集まってくるからです。

 

セールスの世界では2種類の人がいます。

「奪う人と与える人。」

広告の世界でも2種類あります。

「奪う広告。与えてくれる広告。」

 

5%の後者に入りたいですね。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

 

岡村元紀プロフィール

<更新日時> 09月24日(火) 11:55

こんにちは、岡村元紀(おかむらもとき)と申します。

 

私は27歳の頃まで従業員として
静岡県のレストランで普通に働いていました。

 

27歳の時、レストランを突然に辞めてしまいました。

 

理由は「労働時間が長いこと」
「どんなに頑張っても給料があがらないこと」

私の給料は数年頑張っても手取り10万円でした。

 

毎日、お酒を飲んだお客様の酒の肴にされていました

 

「お前をみているとムカムカしてくる」

とスタッフが見ている前でどなられるような
状態になったこともあります。

 

たぶん、私が不幸そうな顔で毎日働いていたからだと思います。

 

2週間に1~2度の休日はかなりの確率で
朝一から閉店まで一人でスロットを打っていました。

 

その頃の私の”唯一”の楽しみがパチスロだったのです。

 

時間だけが虚しく過ぎていくような感覚がありました。

 

2週間に1度しか楽しみがなくて、
残りの13日は死んだような目をして
時間を浪費していくような、やるせない
感情といつも葛藤していました。

 

そんな生活を終えるべく私は突然に辞めました。

 

お恥ずかしい話ですがしばらくは無職で
スロットを打ちながらプラプラしていました。

 

幸か不幸か安定して1ヶ月平均で25万円
ぐらいスロットで勝てていたため、そのまま
スロットを毎日打つ生活が1年間も続いてしまいました。

 

ただ、スロットで勝っても自分が40歳、
50歳になったらどうなるか・・・

と考えると未来への希望が全く持てなかった
ので内心は虚しいものでした。

 

「スロットで勝っている」なんて
言っても社会では誰一人認めてくれません。

 

従業員時代、私のことをかわいがってくれた
お客さんでさえ「また嘘ついて」と可哀想な
子をみる目でみてきました。

 

同年代の友達も離れて行きました。

 

この頃、筆舌に尽くしがたい孤独感や焦燥感がありました。

 

そんな時、オーナーが気を使って私に
ある提案をしてくれました。

 

「ネットビジネスという世界があるけどやってみないか?」

そう言って、1億円の札束をもった人の写真が貼られている

不思議なサイトをみせてもらいました。

 

その時、私は物凄い宝ものをみつけたような
高揚感を感じました

 

「こんなニートみたいな奴でも毎月
200万円も稼いでいるって?!

こんな美味しい世界があるのか?」

 

しかし、そんな甘い世界ではありませんでした。

 

ブログを作ったりメルマガを毎日、発行したり
無料レポートを2日に1つのペースで量産したり・・・

1日最低でも13時間以上はパソコンの
前に貼り付いて作業をしていました。

 

しかし、どんなに作業しても一向に
売り上げがあがりません。

 

無料の情報だけでは無理だと気付き、物凄く
情報商材に投資をするようになっていきました。

 

「50万円の海外セミナー」
「○○塾のプラチナ会員月額10万円」

 

など、値段が高い情報はかなり凄いものだろう
という安易な考えで高い情報ばかりを買っていました。

 

しかし、そんな特別な情報はない事に気づきました。

 

寝る時間と食事やお風呂などの時間以外は
全てパソコン作業をする生活を1年間半続けました。

 

それだけ時間とお金を投資をしても
月に3万円すら稼げなかったのです。

 

気づけば250万以上あった貯金も残りわずかでした。

 

ある時、飲食時代に世話に成っていた
オーナーがある人物が信頼できるから
その人の元で勉強してみなさいと言って
くれました。

 

その人のメルマガを読んでいると
「なぜ、自分が稼げなかったのか」
具体的に教えてくれました。

 

「成功するためにはこの3つの要素が必要です。

 

1.ノウハウ 2.マインド 3.スキル

この3つが揃ってはじめて成功を手にできます。

 

多くの人が成功できないのは3のスキルが
ないから。3のスキルは身に付けるのが大変
なので中々みんなやろうとしません。

 

でも、もし、3のスキルがあれば他の
2つがなくてもかなり成功しやすいのです。」

 

私にこの言葉を教えてくれた人は伊勢隆一郎さんでした。

iseosanhon

 

※※伊勢隆一郎さんは『お金と時間に縛られず、僕らは自由に働くことができる。』
の著者でインターネット業界では知らないヒトはいないほどの有名人です。

 

それから2008年の秋ごろ、

伊勢隆一郎さんと村上むねつぐさんが
コピーライティングという売れる文章を
書く「スキル」を教える通信塾をはじめました。

 

理系の大学出身だった私は文章を書くことを
仕事にすることにはじめは抵抗がありました。

 

「自分に出来るんだろうか?・・・」

 

でも、貯金も底をつきかけていて、本気で
再就職を迫られるのも間近なので、これに
かけるしかないと思っていました。

 

時間もなかったので私は1ヶ月必死に
コピーライティングを勉強しました。

 

そして、通信塾で教えていたコピーライター
として稼ぐ方法を実践していったのです・・・。

 

しかし、20通営業メールを送って1つも
返事が貰えなかった時、私の心はアッサリ
折れそうになりました。

 

「教材では直ぐに反応があって上手く
行っていたのに・・・また駄目なのか」

そして、サポートチームに「反応がありません」
という愚痴メールを送っていました。

 

でも・・・

 

こんな情けない愚痴メールにもしっかり
返事を返してくれたのが村上むねつぐさんでした。

 

この時、私はこれまでの塾や情報商材と
違う事を感じていました。

 

ニートで何事にも消極的で、、
こんな自分を受け入れてくれた伊勢さん
そして、私が凹んだ時もしっかりメール
を返し続けれくれた村上さん。

 

このコピーライティングの通信塾で
村上さんとは、何百通メールのやりとり
をしたかわかりません。

 

先生のアドバイスもあって、
はじめて受注できたのは3万円の
セールスレターの文章を書く仕事でした。

 

クライアントの方ともスカイプや
電話などをして何とか納品をしました。

 

しかし、また1つ大きな問題がありました。

 

営業して仕事は貰えてもいつも
単発で終わってしまっていたのです。

 

「なぜなんだろう?・・・

 

クライアントさんも自分のコピーで
利益がでればリピートするはず。

 

それが無いという事は、
クライアントさんに儲けさせてあげる
力が自分には無いのだろうか?」

 

また、かなり弱気に成っていました。

 

この時、私は情報商材の販売のリベンジを考えました。

 

コピーライティングを習う以前、
高額塾で情報商材の販売手法を習いました。

 

そこで、スロットで勝っていたノウハウを
販売したのです。

 

売り上げはゼロではなかったものの

数万円売れただけでとても生活できる

レベルの収入ではなかったです。

 

「こんな儲からないものはやっても意味ない」
と思って商材の販売を辞めてしまったのです。

 

一度、挫折した情報起業。でも、もし、
これで上手く行ったら本当の自信が手に入る。
ライターとして胸を張ってクライアント様にも
自分を売り込める!

 

と私は思ったのです。

 

そして、

「自分が身につけたコピーライティングの
教材を電子書籍にして販売しよう」

と考えました。

 

文章をワードにまとめるだけだったので
商品は簡単に作れました。

 

だけど、お金もコネも人脈もない自分が
どうやってこの商品を販売拡大していくのか?
そこが問題でした。

 

悩んだ挙句、私がとった方法は、インター
ネット上に公開されている同業者のアドレス
を探してそこに手動でメールして「私の商品
を紹介してくれませんか?」とお願いする事でした。

 

100件をリストアップして
全てに手動でメールを送りました。

 

すると偶然にも、たくさんのリストをもっている
方が反応して自分のメルマガで紹介して下さいました。

 

すると!・・・

自分でも信じられない事がおきました。

 

その方の返信メールが届いてからスグに
ほんの1~2時間ほどで売り上げ通知メールが
ズラーッと40通も並んでいたんです。

 

次の日も
その次の日も
信じられないぐらい一気に注文数が入ってきました。

 

ただ1つ2980円の商品だったのでそれほど
利益が入るわけではありませんでした。
まだ、サラリーマンの方の給料にも及びませんし、
家賃や食費を払うと生活もカツカツでした。

 

私は必死に、教材のフォローとしてセミナーを
開いたりもして何とか売り上げをあげていきました。

 

その時にも村上さんからアドバイスを頂いたのが
突破口になりました。

 

「安定収益が入る仕組みを考えて下さい」

 

私は通信塾で習ったマーケティング要素の
バックエンド販売を考えました。

2万5800円の電子書籍を作り、
初回は50%OFFで販売したのです。

 

これが偶然にも当たりました。

 

わずか4日間の販売でしたが、
一気に100本以上売れました。

 

こうして私は1年半前、起業した頃からの
念願だった遂に月100万円の収入を
突破することができました。

 

嬉しい事にこの頃、伊勢隆一郎さんから結果を
認められグアムで当時2万人のメルマガ会員の
中から最優秀賞に選んで頂きました。

iseokamura

この頃から少しずつ周囲の人にも
良い影響を与えられるようになってきました。

 

私の商材を購入してくれたアフィリエイター
さんやコピーライターさんが成果を報告して
くれるようになったのです。

 

「全く稼げなかったのが岡村さんの教材に
出会ったお陰で一気に稼げるようになった」

 

自分と全く同じような成功体験をする方が
次々と現れるようになりました。

 

「これ1つあればコピーライティングの教材はいらない」
とまで言ってくれる人も現れました。

 

何をやってもダメダメだった自分を
どん底から救ってくれたたった1つのスキル。

 

私の人生を変えてくれたコピーライティング

 

私は師匠からリアルタイムで直々に習った
本物のコピーライティングをあなたにも
伝えたいと思っています。

 

次はあなたが奇跡を起こす番です。

 

【 実績 】

※2013年:1ヶ月のインターネットプロモーションで2000万円の売り上げ達成
※1円の広告費もかけず5年間で「電子書籍」累計2000万円以上の売り上げ達成
※コピーライティング塾の生徒数・全国に1500人以上
※○○教室の生徒募集チラシ(A4 1枚) 成約率20%越え
※広告費230円で90万円以上の売上
※リフォーム会社の売り上げを3倍にし、地域NO1のリフォーム店にする
※10万円セミナー満員御礼
※120万円のコンサルタントサービス 定員2倍以上の満員御礼

 

semina2

>セミナー講師実績はココをクリックしてご覧になれます<

 

⇒ 岡村の裏メルマガを購読するにはココをクリックして下さい

【41記事】「日本のスイス、蒜山」地域活性プロジェクト

<更新日時> 08月23日(金) 12:10

さて、16時ぐらいに岡山県蒜山の商工会に到着!

会議室に案内して頂き、蒜山の風の
メンバー代表の方を交えて5名ほどで
じっくりお話を聴いたり、提案させて
頂いたりシました。

「蒜山をみてまわってどう感じたか?」

「蒜山を地域活性するために必要なことは?」

「若者をこの地に呼び戻すためには?・・・」

など。

蒜山を何とかしたいという真剣な想いが
風のメンバーからひしひしと伝わってきました。

話は意外な方向で盛り上がりました。

メンバーのジュイレラさんが高原地帯の
スイス在住で同じく高現地の蒜山と景色も
料理もとても似ているという話でした。

車で各地を見まわっている途中も、
ジュイレラさんは

「え?!スイスから日本に来たつもり
 なのに、スイスに戻ってきたみたい!!」

と何度も何度も口にして驚いていました。

スイスの動画をみせて頂きましたが、
メンバー一同も驚きでした。

「蒜山は日本のスイスみたいだね」
この言葉にはメンバー一同納得でした。

この地にスイス人や外国人を連れてきたら
喜ぶと思うとビジネスに繋がりそうな
言葉も沢山出てきました。

スイスは観光で収益をあげている
非常に豊かな国です。

年収1億円以上の富裕層が
国民の30%ぐらいいるそうです!
(3人に1人って本当?!って未だに想いますが・・・)

スイスが観光で成功している理由も
いくつか聴きましたが、やはり交通手段が
物凄く整っている事と、安価で利用できる
ことなどがありました。

他にも観光地ながら、ゴミ1つないぐらい
綺麗という点も魅力的でした。

蒜山は綺麗な環境は問題ないですが、
一番近い岡山空港からでも車で
1時間ちょっとかかります

バスなど空港や駅からの交通手段が整っていません。

もう明白ですが、観光地にするには
致命的かも知れません。。。

1つ目の課題は交通手段です。

蒜山をインターネットで地域活性する
プロジェクトはまだ動いたばかりですが、
これから進展がありましたら
また報告させて頂きます。

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします

人気ブログランキングへ
 

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

 

 

【40記事】岡山県蒜山(ひるぜん)の日本一

<更新日時> 08月22日(木) 18:25

「蒜山の大自然の魅力を伝えよう」シリーズ第三弾です(笑

 

このサイズ、観て下さい!

h

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このおっきい鳥居は日本一の大きさみたいです。

 

・・・ココでメンバー誰もがある疑問を抱きました

「この鳥居、どうやって建てたんだろう?」という話題で

メンバー一同盛り上がりました。

 

お昼ご飯はジャージーランドへ

q

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旗にチーズフォンデュと書かれています。

店内にも猛烈なアピールが・・・

w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いかがですか」って?どうします?・・・

 

ココは当然、

e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックペッパーをつけて、美味しく頂いてしまいました。

ジャージー牛さんのチーズは味も濃厚で歯ごたえもあり

今まで食べたチーズフォンデュのどれよりも美味しかったです。

 

y

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社団法人「蒜山の風」メンバーの太っ腹なご好意に甘えて

ジャージー牛のステーキなども頂いてしまいまして・・・

贅沢をしてしまって申し訳ないですと思いつつ。

 

この後、ランチを終えて車でハーブ園に向かう途中、

まさかの運命的な出会いが・・・

 

ああ・・・何というか、、、

友達を食してしまいごめんなさい・・・

どうか、お願いですからそんなつぶらな瞳で観ないで下さい!

g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしている内にハーブ園に到着!

 

また、妖怪のお出迎えがありまして・・・

j

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒜山のいたるところで観られる名物「妖怪すいとん」

遂にその秘密の全貌が明かされました。

k

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう伝説、嫌いじゃないです、、

 

さて、ハーブ園内に入り、

ブルーベリーをもぎたてで頂きました。

l

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブ園ではお花やハーブが一杯

ちょっと写真が少なめですがラベンダー畑は

シーズンはかなり美しいと思います

 

z

 

 

 

 

 

 

x

 

 

 

 

 

 

 

v

 

 

 

 

 

 

 

a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブレストランもありました。

s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が選んだのはこのラベンダーソーダ

f

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで散々プライベート感丸出しでしたが、

こっから蒜山の商工会にいってビジネスの話となりました。

 

これが今回の目的です!

 

蒜山に遊びに来たわけじゃないですので

「のんびりと贅沢をしてきやがって」と不愉快にならないで下さい(笑

 

次回に続きます!・・・

 

地域活性シリーズが面白いという方はクリックしてください。
人気ブログランキングへ

いつも暖かい応援クリック、感謝してます^^

 

岡村元紀

 

次ページへ »

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書