夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

2013年8月の記事一覧

【39】熊さん、注意?!

<更新日時> 08月22日(木) 16:30

コチラは社団法人「蒜山の風」のみなさまです。

abc

 

 

 

 

 

 

 

7月19日は蒜山の風のメンバーの理事長自ら

「蒜山の良い所を知ってもらおう」というテーマで

観光名所を車で運転して案内してくれました。

 

最近は、パソコン画面をみている時間が
一番長い生活なので自然にとても癒されました。

 

今日はザックリとですが、蒜山の面白かった所などを紹介していきます。

軽いノリでみてください。

 

羽田空港発 8:00

岡山空港着 9:15

車で真庭市にある蒜山へ出発

途中 ひまわり畑が。 とても綺麗ですね~^^

1

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライブ途中、屋根の瓦の色に特徴があることを発見!

2

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジ色の屋根瓦の率がかなり高かったんです。

東京や私の故郷の静岡ではオレンジ瓦は観ないです。

 

あと、瓦が物凄くツヤツヤしていて見栄えがあります。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

これは雪が降った際に貯まらないように

すべりやすくする工夫みたいです。

 

11:30ぐらいに塩釜冷泉に到着!

5

 

 

 

 

 

 

 

 

日本100選の名水、自然の湧き水です。

「冷泉」は名前の通りで氷のように水が冷たかったです。

 

観て下さい、この透明度!

9

 

 

 

 

 

 

コチラで飲めます!

4

 

 

 

 

 

 

 

 

右側の電信柱にもご注目!

「熊さんが出てくるので注意」的な

ことが書かれています。笑

 

ちょっと、今日はこれから交流会や

打ち合わせなどの予定が夜までぎっしりのため

 

続きはまた次回お話します。

 

人気ブログランキングへ
いつも暖かい応援クリック、感謝してます^^

いつもありがとうございます。

 

 

【38記事】私の好きな自然

<更新日時> 08月20日(火) 08:44

空の上からこんにちは。

 

今、飛行機の上でこの記事を書いています。

 

岡山県蒜山にインタビューのために
呼ばれてパートナーのジュイレラさんと
共に飛行機に乗って行くことになりました。

 

私たちにインタビューを申し込んでくれたのは
蒜山の風(ひるぜんのかざ)という地元、
岡山県の蒜山を愛する社団法人グループです。

 

蒜山はこんな風に緑が物凄く豊かな地域です。

20130819_111616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20130819_110257

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も田舎出身の人間なので

初見で蒜山が大好きになりました。

 

ただ、田舎には田舎の深刻な悩みがあります・・・。

 

若者が都会に出て行ってしまったり
雇用がなかったりして、過疎化が進んでいます。

 

蒜山がある真庭市は人口5万人の村ですが、
ここ7~8年間で5000人の人口が減ったと言っていました。

私の故郷のど田舎もそんな感じなので凄くよくわかります。

 

私には自分が勉強して身につけてきたインターネット

のスキルを使って地域活性をしたい気持ちがあります。

お金だけじゃなくて何かの役に立たせたいと思うわけです。

 

インターネットならば全国に向けて

情報を発信できるのでそれが可能になるのです・・・

 

好きな場所にすみ、たとえそこが田舎だった

としてもビジネスが成り立ちます。

そういう時代に生まれたことが凄くラッキーに感じています。

 

続きはまた次回お話します。

 

今日の記事が良かったという場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

 

岡村元紀

 

 

【37記事】なぜ、ここにいるのカフェ

<更新日時> 08月18日(日) 16:04

数年前、ビジネスのメンターに薦められて読んだのが

「あなたはなぜ、ここにいるのカフェ」という本でした。

 

本の内容を簡単に言うと、

 

「世の中の大半の人はテレビや広告に洗脳されて、

時間やお金を使わされて、常に反応させられて

生きている、自分自身で人生の梶をとっていない」

というような内容だったと思います・・・。

 

当時はかなり衝撃的でした。

 

「自分は将来どうなりたいんだろう?」と真剣に

考え始め、自分の人生は自分で決めようと思ったのは

この本の影響だったのかも知れません。

 

渋谷とか池袋とかの駅前に行くと本当に

ビルというビルに広告が貼られていてある種、

異常な光景だと感じる事があります。

 

電車にのっても広告ばっかりです。

 

この日本で普通に生きていて、

広告にふれない日は1日たりともないと思います。

気づけば、全く必要ないものにお金を払って

買ってしまうことも・・・

 

人間はそんなに強くありません。

 

どんなに意志の力でガードしていても

周りの影響を受けてしまいます。

どういう人と付き合っているかをみれば

あなたがどういう人かわかってしまうのです。

 

広告に囲まれている日本では身を守るためにも

マーケティングというものを学んだほうが良いと

私は思います。

 

「なぜ、あなたはここにいるのカフェ」

興味深い本なので、良かったら読んで観て下さい。

 

ちなみに、テレビも広告が多いんですよね。

私は今、テレビを1秒もみていません。

 

子供の頃はワクワクして毎週テレビに

釘づけでみていましたが、今は観ないです。

目的をもって観るのは良いとは思いますが、

ダラダラと観るのは時間が勿体なのでやめておきましょう。

 

今日の記事が良かったというあなたは以下をクリックして下さい。

 
人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

岡村元紀

 

 

【36記事】怒りやすい自分に気づく、冷静な奴が・・・

<更新日時> 08月17日(土) 01:13

あなたは自分が怒りやすい時はどんな時か分かっていますか?

 

私の場合は「寝不足」や「空腹時」
それから作業が中々進まず、仕事に
追われてしまう状態になるとかなり
イライラしやすくなります^^;

 

この癖が引き金となって、チーム
メンバーに強い口調で言ってしまい結構、
あとで家に帰って反省することが多いのです。

 

ちなみに、昨日がそんな日でした。

 

やや寝不足気味で仕事に追われ気味・・

 

自分で言うのもアレですが普段はとても温和な

私なんですが、この日は打ち合わせ先のホテルの

喫茶店や夜ごはんを食べた料理屋でちょっと
接客にイラっとしてしまいました。

 

ホテルの喫茶店のウェイトレスさんは
重要な打ち合わせをして真っ最中に
話を遮ってまでコーヒーのお代わりを催促してきました。

 

「えー、今、流れを遮ってほしくなかった。。」

 

と思い、次第にムカムカしてきました。^^;

 

「それってそんなに重要かな?

コーヒーのお代わりよりも
何百倍も大切な話をしているんだけど。」

と、言いたい気持ちを必死に抑えてました(笑

 

たっぷり睡眠をとって、ご飯もたっぷり
食べてご機嫌な時は、こんな事で怒れないの
ですが、人ってデリケートですよね。

 

コピーライターになってから、
こういう自分の感情を分析するのが
癖になってしまっています・・・。

 

怒れているのですが、いつもそんな
自分を冷静にみつめているもう一人の自分がいます。

 

自分も含め、人の【感情】が動くシーンに
とても敏感になっています。

 

人は感情の生き物と言われますが、
文章でも【感情】が大事なのです。

 

普段からこういう風に自分や
周りの人の【感情】がどんな時に動くのか?
無意識で観察できる人は良いコピーを書きます。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ
いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

【35記事】アイツだけは無理!

<更新日時> 08月17日(土) 00:52

「なんで、クチャクチャさせながら食べるの?」

 

「そのしゃべり方が異常に腹が立つ」

 

「あ~、もう、その貧乏ゆすりやめてくれよ!」

 

そんな風に、自分でも意味がわからない
ほど腹がたったことありますか?・・・

 

なぜ、こんなに腹が立つのか
そこには深い人間心理が潜んでいます。

 

実は、ヒトは誰しも自分の中に
法律(ルール)を定めています。

 

あなたにもありますし、私にもあります。

 

ほとんどが幼少期からの刷り込み
なのですが、例えば、

 

「男の子は泣き言を言ってはいけない」

「ご飯を食べながらしゃべってはいけない」

「貧乏ゆすりをしてはいけない」

 

などです。

 

ポイントはヒトそれぞれ法律が違う点です。

 

あなたの中の絶対破ってはいけない法律を
平気で破りまくって涼しい顔しているヒトも
いるわけです。

 

そんな無法者をみたときに、私たちは
異常に腹がたってその人物を認めようと
しないのです。

 

「ヒトはそれぞれ自分の中に定めた法律が違う」

 

この事を理解しないと意味不明に、アイツは
絶対に許せない。絶対に無理となってしまって
人間同士のいざこざが絶えません。

 

「職場で気があわないあの上司はこれだったのか?」

 

「犬猿の仲の理由はこれだったのか?」

 

これまでの人生の中で、
色々、気づくことがあると思います。

 

でも、勝手に定めた法律に振り回されて
ヒトを認めないのはツマラナイ事だと、
冷静に考えると気づきます。

 

ここで、腹が立って仕方がなかったアイツの

ことを少しでも理解しようとしてあげられるヒトは
いいコピーライターになれます。

 

「アイツ合わない、嫌い。」

という子供のような事を言っていては
良い文章も書けません。

 

理解できなかったヒトを理解する、
こういう事がコピーライティングでも
非常に重要になってくるのです。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ
いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

【34記事】ズルだったとしても・・・後付で価値があった話

<更新日時> 08月15日(木) 20:18

前回の記事「メルマガに何を書いていいか分からない」
の続きになります。

http://ameblo.jp/yumepro1000/entry-11591814190.html

「10の項目」を書きだす際のポイントは、
『謙虚になり過ぎないで書き出す』事が大切です。

 

自分の得意なことや
人から頼まれることなどの
判断基準は甘くて良いという事です。

 

年収億を稼ぐほど成功している人の
話を聴いても「そんなレベルで書いたの?」
と、呆れてしまうようなケースも実際にあります。

 

小学生の頃、お姉ちゃんの読書感想文を
真似して書いて学校に提出したら表彰された
という経験をもつ人物がいたのですが

 

それでも彼は堂々と人から表彰された事に
読書感想文と書いて、そして、「俺は文章が
得意なんだ。だから、ライターで食って行く。」
と決めたそうです。

 

そんな経緯でライターになって、HP制作会社に
営業をして13万円の案件をもらった人もいます。

その方は今では名コピーライターと言われ、

多くの人に感謝されるビジネスを行なっています。

 

スタート地点はそんなノリで良いのです。

 

こういった作業は、ほとんどの人は
1秒も考えない事ですし、書きだす事なんて
ゼロなので、まず書くことが重要なのだと思います。

 

ちなみに、私はこんな感じでした。

 

【 自分の棚卸しをする 】

①好きな事
書く事 成功者のドキュメント番組視聴
戦国時代 将棋 成功者にインタビュー
②得意な事
書く事 プロデュース
③職歴
板前 土方 ライター
④頼まれる事
ライティング系のお仕事 飲み会幹事
⑤表彰されたこと
読書感想文 ネットビジネス
⑥克服したこと
ネットビジネス ニート
⑦克服しようとしていること
パブリックスピーキング サイト作成
⑧時間とお金を使った事
本・セミナー
⑨特殊な体験・経験
海外高額セミナー受講 パチスロ生活 移住生活
⑩資格 英検4級

 

そんなに凄いことは書いてないなぁ
と自分でも少し恥ずかしいです。。

 

今、セミナー講師で有名な人も

「自分は赤ちゃんに教えるつもりで講師になった」
「赤ちゃんにだったら自分でも教えられる」

と言ってセミナー講師で成功を
収めた人もいるぐらいです。

 

これは本当の話です。

 

初心者に教えるぐらいの感覚で大丈夫
ですので、まず、自分の棚卸をしてみてください。

 

これから始める人が、孫正義さんから
マンツーマンでビジネスを教わっても遠すぎて、
おそらく話がよく分からないと思います。

 

ビジネスとは凄く簡単にいえば、
「人の悩みを解決する」か、
「人の願望を叶えてあげる」

これがビジネスです。

 

夢を叶えるための内容や、
人の悩みを解決するような事を
メルマガで書くわけですが、私たちは
読者さんの0.5歩先の先生で良いのです。

 

人は業界の権威の話ではなく、自分より
少しだけ先に行った「身近な人の話」を
聞きたかったりするものです。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします

人気ブログランキングへ

 

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

 

【33記事】毎月3000万円を支払う人たち・・・

<更新日時> 08月15日(木) 20:20

今日の記事はビジネスの役には立たないかも知れませんが、

ここ最近で一番感情が動いた話をします・・・

 

これからの時代の流れというか、ネットビジネスで

稼いでいる個人の知識・スキル・人脈がオフラインの

大手企業にも必要とされてくる時代が来ると感じています。

 

私自身、今、社員数100名規模の会長さんと一緒に

共同で商品開発の事業を2つやらせて頂いています。

 

彼らの普段の会話に驚かされます。

 

先日も飲みの席に向かう途中に会長さん

同士でこんな会話がありました。

 

「○○会社は5億ぐらい行っていますか?」

「いや、まだ3~4億だね。」

 

グループ会社の会長さんの年間売り上げのデータを

みせてもらったこともありますが、当たり前でしょうが、

毎月、どの会社も売り上げの単位が、億なんですね。^^;

 

こっちは個人経営が主の小さな事業ですから、こんな方たちと

対等な立場でビジネスができるのは凄く不思議に思うかも知れません。

 

でも、これがインターネットビジネスの特質だと思います。

 

(だから、インターネットビジネスを実践している方は

本当に大きな希望を持って欲しいと思います!)

 

検索エンジンで大手の商品より個人のサイトが上に

来る事はありますし、大手企業と同じ土俵で

闘えてしまうのがインターネットビジネスです。

 

でも、私がいつも「怖いな!・・でも、凄いな!」と思うのは

彼らが背負っているものの大きさです・・・

 

社員が100名いるって経営者からしたら

とんでもないプレッシャーだと思うんです。

 

一人に毎月30万円の給料を支払うとしたら

3000万円を社長は毎月固定で支払わければいけません。

 

一個、何かのプロジェクトがこけてしまったら大変な事態です。

 

「真夜中に汗びっしょりで飛び起きたこともあるんです。」

なんてエピソードもよく聞きます。

 

でも、社員100名の会社の経営者は、

社員さんの人生や、社員さんのご家族の生活など

計り知れないものを背負っていると思います。

 

その恐怖やプレッシャーに打ち勝ってきた人生を

想像すると本当に尊敬してしまいます。

 

成功している人と間近に接していると

彼らはとても魅力的だといつも感じます。

人に対する想いやりに溢れています。

 

ほとんどの人はお金持ちになりたくて

ビジネスをはじめると思います。

 

月に100万円でも稼げるようになると

もういいやとビジネスをそれ以上拡大

する気が出なくなる人も周囲にはいました。

 

でも、何が100名ぐらいの規模にまで

させているのか?・・・

 

飲みの席で聴いてみました。

それは、

 

「自分のためにやっているのか?」

「周囲のためにやっているのか?」

 

の違いだとおっしゃっていました。

 

この記事が少しでも役に立った場合には以下をクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
いつも暖かい応援クリックありがとうございます。^^

岡村元紀

【32記事】メルマガに書くネタが分かりません。

<更新日時> 08月13日(火) 13:59

「メルマガに何を書いていいか分からない」

 

「私には人に教えられるほどの知識も経験もありません。」

 

というメールをお客様から頂きます。

 

なので、今日はメルマガの決め方について
具体的な解決策をお伝えします。

 

まず、自分を知ってほしいと思います。

 

メルマガでもセールスレターでも
うまい文章を書ける人は自分のことを
よくわかっています。

 

「よくわかっている。」というのは
自分の事を”深く考える時間をそれだけ
とっている”という事です。

 

「時間がない。」と言って、テレビをみたり、
飲み会に参加していたりしている人はいませんか?

 

メルマガがスラスラ書ける人も最初から
上手だったわけではありません。
彼らも、才能とか、特別な人ではなくて自分を
掘り下げて考える時間を取ってきただけです。

 

多くの人は自分が何が得意で
他の人と比べてどういった違いがあるのか、
など自分の特徴に気づけていません。

 

自分のことを時間をとって考えるゆとりがないのです。

 

そういった方にアドバイスですが、
まず、ご自分の棚卸をして下さい。

 

と、言っても8割の人は「なるほどね」と
思うだけで5分も経てばスッカリ忘れてまた、
1年後に同じ悩みで悩む事が多いことは
分かっていますが・・・

 

これをしない限り、書くメルマガが
見つからないという解決策は見えて来ません。

 

以下の10の質問に、時間をとって
回答していって下さい。

 

1.あなたの好きなことは何ですか?

2.あなたの得意なことは何ですか?

3.これまでの職歴を書いて下さい。

4.人からよく頼まれる事があったら書いて下さい

5.表彰された経験があったら何について
表彰されたのかお書き下さい。

6.これまでに克服したことは何ですか?

7.克服しようと思っていることは何ですか?

8.これまでに時間とお金を使って勉強した事を書いて下さい

9.人がやらない特殊な体験があったら書きだして下さい。

10.あなたが持っている資格を書いて下さい。

 

続きはまた次回、お話します。

 

今日の記事が役に立った場合には以下クリックお願いします
人気ブログランキングへ

 

いつも暖かい応援クリック、感謝してます

岡村元紀

 

【31記事】成功者の視点の違い

<更新日時> 08月13日(火) 13:38

「これからの時代で生き残る人のビジネスマインドとは?・・・」

 

ジェイ・エイブラハムさんがよく伝えるキーワードがあります。

それが「トンネルビジョン」と「ファネルビジョン」です。

 

「うちの業界では~」「これ以外に方法がありません!」

これはトンネルビジョンの人の典型的な口癖で

この言葉を使っているなら気をつけないといけません。

 

トンネルビジョンというのは、周囲がみえない

トンネルに例えた、視野の狭さを表しています。

 

ファネルビジョンは真逆でもっと視野の広い人の考え方です。

 

具体的に一言でいえば、ファネルビジョンの人は

異業種の成功者の事例や発言からも、真剣に

学ぼうとしたり、自分のビジネスのヒントを得ようと

積極的に考えられる人です。

 

ジェイははっきりとこう言っています。

 

「長期的に成果を出すためには知識やテクニックも

重要だけどファネルビジョンにならなければ叶いません」

 

成功している人の発言を聴いてまずやってみる

ことを私は習慣にしています。

 

ホリエモンさんは、異業種の方と定期的に

食事をして、話を聴くことを習慣づけていた

時期があったそうです。

 

おそらく、こんな事を言いたかったのだと思います。

「同業の人たちとだけ触れ合っていても

アイデアは膨らまない。

 

異業種の成功事例を聴くことが重要だ」

 

私も異業種の成功者と触れ合えるように、定期的に

交流会やセミナーなどに出席することをビジネスの

習慣の1つに取り入れています。

 

 

今日の記事を読んで少しでも役にたった

と思えた方は以下をクリックして下さい。

 

人気ブログランキングへ

 

いつもありがとうございます。

 

岡村元紀

 

【30記事】営業でお客様に絶対に断られない方法

<更新日時> 08月11日(日) 20:09

「営業でお客様に絶対に断られない方法」

というタイトルを観て、ワクワクしたかも知れません。

 

この質問に回答した人物はこのブログでもチョクチョク

登場している時給60万円の男、ジェイ・エイブラハムです。

 

ジェイ・エイブラハムを知らない人もいるかも

知れないので超簡単に説明すると・・・・

 

彼は12000以上もの顧客の売り上げに貢献し、

これまで470業種、総額7000億円の売り上げ

向上をもたらしたと言われています。

 

だから、どんな業種にも通用する

本質を伝えるマーケターとして世界中から

彼の教えを請うビジネスマンが後を経ちません。

 

1日600万円のフィーを頂く、ジェイですが、

彼のコンサルの予約はなんと2ヶ月待ち・・・。

ここまで来ると色々な意味で羨ましいですね!^^

 

さて、話を戻します・・・。

 

ある男性から

「営業でお客様に絶対に断られない方法はありませんか?」

と聞かれて流石のジェイも考えこみました。

 

この回答は3日間で315万円というセミナーで

行われた際のQ&Aデモンストレーションの際、

実際に行われたものと聞いています。

 

この回答を聴くと、怒る人もいるかも知れませんが

含蓄のある言葉なので真摯に受け止めて頂きたいです。

 

30分の時間制限を目一杯使って出た彼の回答とは?・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そ、それは・・・

 

 

 

「お客様が断る理由を全部なくすことだ!」

 

この回答を聴いて、そんな回答があるか!

と怒った方もいたそうです・・・^^;

 

でも、そこにはビジネスの本質を極めた

ジェイならではの深い見解があるのです・・・!

 

私たちはどれだけお客様が【断る理由】を追求してきたでしょうか?

 

あまり面白い作業ではありませんので、

私自身も深く考えた事が無いのですが、

よりよいサービスのためお客様が断る理由を

追求していきたいですね。

 

営業で絶対に断られない方法は確かにある。

それは、「お客様が断る理由を全部なくすことだ!」

 

とても考えさせられる言葉ですね。

 

今日の記事が少しでも役に立った場合には以下をクリックして下さい。

 

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。

岡村元紀

 

« 前ページへ次ページへ »

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書