夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

2016年9月の記事一覧

「手荷物いっぱい」=人生は変わらない

<更新日時> 09月13日(火) 15:34

「手荷物いっぱい」の人は成長しない。

「取り組む時間」
「思考」
「人間関係」

固定してしまって、
がんじがらめでいては
その時点で成長できない
のでは、と思います。

パソコンでいえば、
容量99%の状態で
新しい画期的システムを
詰め込もうとするもの。

入りっこないって話ですよね。

1%しか受け入れ体制が
できてないんだから、
結果なんて劇的に変わりっこない。

しょせん自分の延長線上でしか、
1%の範囲でしか変われないわけで
ほとんど成長なんてしない。

ブレイクスルーなんてありえない。

強い人(ビジネスの世界で勝ち残る人)
って常に変化に
対応できる人と私は感じます。

つまり、「水みたいな人」と感じます。

ご存知のように野球選手の
「イチロー」はバッティング
フォームを固めていないです。

どこかで自分のやり方を
否定というか、疑問を持つ
ようにしていて、変化に
柔軟に対応する姿勢がある。

軸は大きく変えてないが
常に進化を続けている印象。

ホリエモンも、ノイズって言って
あえて自分が理解できない人の意見を
ニュースアプリなんかでみるよう
にしているそうだ。

アイデアに限界を作らないためだろう
と思う。

共通しているのは、常に、
変化を受け入れる姿勢がみえること。

ビジネスでうまくいっている
人たちって芯は持っていて大切にしてるけど、
許容する柔軟さはすごくあるように感じます。

岩のような人は自分の成長に
ストップをかけてしまっていると思います。

「コピーライターは特に水であるべき。」なんです。

多種多様な価値観をもった人に向けて
最高の商品をコトバの力で販売していく
仕事なのです。

この世界、自分と同じ価値観を持った
人のほうが少ないわけで・・・。

逆に考えれば分かりやすいのですが、

成約が取れない人は、
自分の価値観(現実)で文章を
書いてしまっているのです。

違いますよね。

自分のフィルターを外して、
俯瞰して見る眼が大切。

自分ではなく、
お客さん視点からみる眼も大切。

自分の現実は横に置き、
その商品の見込み客の現実
(価値観)に入って書くから
反応が取れるわけです。

PS

ちなみに私は、自分の人生が
変わったのは、それまでの自分
の9割を捨てたからと思っています。

「こういつに人生の操縦桿を持たせて
 いたらダメだ」と20代の時に気づいたんです。

こいつマジでダメだわ。糞だわって
思って、自分の容量を、9割あけたんです。

そして、成功者を先生を一人に絞って
ある種、「積極的に奴隷」になって
まるごと受け入れていったから
少し変わることができたと思っています。

1%の容量でどうこうしようとしていたら、
きっと何1つ変われなかったですよね。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

私の人生をかけたプロジェクトが始動

<更新日時> 09月10日(土) 20:33

%%NAME%%さん
岡村です。

土曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか?

私はといえば、今日は0歳と2歳の
子供と奥さんと、リフレッシュを
兼ねて遊んできました。

かなり夫婦仲も回復しました。

最近でこそ、平和になりましたが
一時期は毎日が子育てで、毎日
キレまくり感情爆発中の奥さんと
修羅場バトルでした。

「仕事に集中したい」私と
「子育てや家事を手伝って欲しい」
彼女と最悪にすれ違っていた時は、

「離婚する!」って感じでその時は、
荒れてましたが、今はかなり奥さんとも
仲良くなり来月も私の故郷、静岡に3泊4日の
旅行にいくような感じになっています。

家族ネタとかは頻繁にFBにあげているんで
良かったらみてください。

https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

さて、

今日は今、私が最も情熱を注いている
プロコピー塾の4期募集の件で
メールさせて頂きました。

これまで1期〜3期まで全て満員御礼に
おかげ様でなり、4期には参加したい
とメールをもらったりしていましたが、
今回、次元を超えたパワーアップを遂げてます。

表には出てこない巨大な組織、
広告費1億円使うようなレベルの
組織と一緒に行えるようになって、

コピーライティングのスキルアップに
おいては、
絶対に日本一の環境を提供できる
と断言できるほどになっています。

<重要>

4期募集の案内を受け取るには
専用のメルマガに登録して下さい。

明日の朝5時にこの大幅にパワーアップ
した4期募集のランディングページを
お届けします。

3期募集の時に登録してくれた人は
そのまま、4期募集の案内を流させて
いただくので、特に登録の必要は
ありません。

(不要でしたら解除してくださいね)

登録していなかった人で、
進化した塾、最高のスキルアップの
環境に興味がある人は忘れずに
登録をしておいてください。

登録できる期間は
9月11日〜14日の朝5時まで
となっています。

では、明日の朝5時に私が
人生をかけて挑んでいる塾の、
4期募集のメールを
送らせていただくので
楽しみにしていてください。

メルマガに登録してない方は
「岡村元紀 ∞コピーライティング メルマガ」
で検索、登録してください。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

「センターピンを落とす」考え方

<更新日時> 09月03日(土) 12:36

あなたも御存知の通り
ボーリングは1度の投球で
たくさんのピンを倒すゲームだ

多くのうまくいかない人は
端っこの9番ピンばかり
を狙って倒そうとしている

もしくは
ガーターになるような投球を
30歳になっても
40歳になっても繰り返している

だから、同じ時間を生きていても
人生にとてつもない差がでる。

例えば同じ25歳でも差がでる。

知人で25歳で数億円のビジネスを
いくつも展開しているオーナーがいる

もちろん、スタート時は「ゼロ」から。

人脈もコネも資金もスキルも・・・ゼロからだ。

でも、世間一般の25歳の中には
時給650円でフリーターを
やってカツカツな人もいる

同じ25年なのになぜ、こうも人生が違うのか?

『センターピンを狙ってないから。』

若い時の自分を考えても、

センターピンが何なのか、
どうすれば倒せるのか?

と模索する思考もなかったと思う。

「25歳で数億の複数の会社のオーナーは
 ずっとセンターピンを落とし続ける
 人生だったから。」

というのが結論。

センターピンを落とせば、
小さな9番の悩みで悩むこともない
1投球で悩み全てを一気に解決できるから。

例えば、65歳で借金まみれで
お金に苦しんでいるとする
何度も起業しようとして
勉強し続けてきたけど
そういう現状があるとしたら

ガーターを繰り返してしまったか
9番ピンばかりを狙ってしまったから。

時間がないから具体的には話せなかったけど

恋愛でも
ビジネスでも
経済的自由になるスキルでも
人生でも
何にでもセンターピンは存在する

その存在に気づき、倒しに行こう

例えば、「夜まで働ける時間がない」とか
「それ、やってみたいけど、
 今の事業を進めたほうが良いと
 家族が反対する」

などの問題が出たとします、

コピーライティングを極め
それ以上の経済的、精神的メリット
を家族にもたらそうと決めるとか、

「時間がない」という問題も、
普通の人が8時間かかる仕事を
1時間で終わらせるとか、

そしたら少なくとも僕の会社だったら
1時間で帰ってもいいって言います。

拘束してダラダラ働くことに
本質的には意味はなく、
結果を出せば(会社に価値をもたらせば)
何も問題は起きない。

「夜まで働ける時間がない」とか
「それ、やってみたいけど、
 今の事業を進めたほうが良いと
 家族が反対する」という悩み。

ここでは、
スキルを磨くことがセンターピンになる
かも知れない。

スキルにもセンターピンになる
スキルはあるし、
端っこの資格やスキルもある。

オススメはコピーライティングという
センターピンのスキルを落とすこと。

そして、1度決めたら
自分を信じることが大切。

私の場合は、20代の時にそう決断したから
今、最高に楽しい人生を過ごせています。

結局、保証なんてないから
自分の決断を信じて突き進むことが
できるかどうかもかなり大切です。

PS

フェイスブックに子供の写真や
子育てしながらビジネスの
プライベートの様子をアップしました。

写真は、
0歳の赤ん坊ですが、

写経をしていたら
泣き叫び「あ〜〜〜」
という感じで駆けつけまして

左手でミルクをあげながら、
右手でタイピングして投稿してます(笑)
困難を挑戦に変えて、楽しみたいのです。

最近は、
0歳の子にミルクをあげ、
ゲップをさせてあげて、

ウンチを吹いて、
オムツ替えをして
2歳の子と1〜2時間遊び、
残り全ての時間、全勢力を
あげて、勉強し、
ビジネスを進めています。

プライベートも
写経も、
打合せも
プロモーションも
すべて良い感じで、
結構、楽しんでます。

補足ですが、
「人生は他人との競争ではなくて
 どれだけ本人が楽しめているか」
が重要だと思っています。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書