夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

【258記事】「岡村物語6」恐怖のマグロ屋事件

たまには応援クリックして頂けると嬉しいです↓

⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

 

前回の「岡村物語5」の続きです。

 

「40%で営業メールの返信を
受けてる凄いやつがいる」

 

この頃、

 

今やネットビジネスの世界では有名な
(有)ライズクリエイティブさんから
取材を申し込んで頂けました。

(※伊勢隆一郎さんが社長の会社)

 

「なぜ、そんなに反応がとれるのか?

インタビューをさせて下さい。」

と、メールで連絡を受けました。

 

「なぜ、自分が?」

信じられないという驚きが大きかった
ですが、このオファーは2つ返事で
喜んで受けさせてもらいました。

 

そして、後日、数千人のメルマガで私と
ライズクリエイティブのスタッフさんとの
対談インタビュー音声が紹介されました。

 

そして、思ってもみない反響がありました

 

インタビュー後日、伊勢さんのセミナーに行くと、
「岡村さんですよね?」と言われたり
「あなたのファンです」と言ってくれる
人まで現れました。(少数ですが・・・)

 

つい先日までほぼニートをやっていた
私が調子に乗ったのはこの頃です。

 

ところで、

 

ココで物語を中断してあなたに質問
したいのですが・・・

 

1000人近くいる生徒さんの中で、なぜ、ニート級の
生活をしていた人間が取り上げられたのか?

 

「ライティング能力?
ネットビジネスの知識力?」

 

ライティングに関しては勉強はじめて
間もない地点でしたし、ネットビジネスの
知識力も全然、稼げてなかったので
他の人より劣っていたと思います・・・

 

私は、能力の違いではない事に気づいていました。

 

当時、頻繁に、師匠の村上むねつぐさんに
言われていたのは、「岡村さんは”素直さと
行動力”がありますね。です。

 

内状を聴くと、他の1000人近い生徒さんたちは
営業メールを送る所で行動がストップしていたようでした。

 

塾生の多くは、「コピーライターとして成功したい、
一方で、内心は恥をかきたくない。営業メールなんて
出したく無い」と、行動できない方が9割以上
だったのです・・・。

 

どんな教材にも、「やれば成功出来る事はわかる、
でも、やりたくない。」という状況は必ず出てきます。

 

このブログの資産構築法シリーズでお話してますが、
成功者の特徴は、「怖い」「めんどい」「やりたくない」
という本能をコントロールし、その逆にも行ける人たちです。

 

でも、偉そういって何ですが、
当時の私にそんな力量は1つもありませんでした。

 

「ココで稼げなかったら最悪、飢え死にしてしまうかも」

というぐらい当時は、切羽詰まっていたから

行動できたに過ぎません・・

 

もし、貯金がまだ250万円あった起業直後に、
この塾に出会っていたら、おそらく、他の
生徒さんと同じく動けなかったです・・・。

 

「本気になれるタイミングで、本物のオファーを掴めた」
という巡り合わせの運も味方してくれました。

 

しかし、しかし・・

 

当時の私はまだ営業メールにやっと返信をもらえる
ようになっただけで、ライターとしての実力はさほど
ありませんでした。

 

そんな折にマグロ屋事件が起きました。

 

私が出した営業メールに関心を示し、焼津市に
あるマグロ屋さんから「会って話を聴きたい」と
連絡があったのです。。

 

当日、指定の場所の魚屋の市場で落ち合うと
いきなり事務所のパソコンの前に連れてかれて
「まず、実績をみせて。それから話は聴くから。」
と言われてしまいました。

 

当然、私が書いたコピーの実績なんて、
まだウェブ上にはタダの1つもありません。

 

「有りません。」と言ったら、この職人気質の
怖そうなマグロ親父はどういう行動をとるのか?

 

営業メールでバンバン返信を貰えるようになって、
浮かれ気味になっていた私は心底恐怖に震え上がりました。

 

もし、あなたならどうやってこの窮地を切り抜けますか?

 

1 正直に無いと言う

2 嘘をついて実績があることを説明する

3 ダッシュでその場から逃走する (笑)

 

上記3つの中に答えはあります。

私がとった行動は・・・

 

つづく



岡村元紀


↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書