夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

誠実なヒトとしか付き合わない2つの理由

【 誠実なヒトとしか付き合わない2つの理由 】

「誠実さとは何か?」

それは、

思考と行動と発言が一致していることです。

たとえば、「ビジネスをやってお金持ちになりたい」
と口で言っているのに、

毎日パチンコに行ったり、制限なく
キャバクラに行って女遊びをしたり
「思考」と「行動」と「発言」が
不一致で、改善する気もない人とは
1秒たりとも付き合いたくありません。

家族にも
パートナーにも
塾生にも
お客様にも
メルマガ読者にも「誠実さ」の
あるヒトだけと付き合いたいのです

(それ以外は、寛大でゆるゆるです)

「なぜ、そこまで徹底するか?」

理由は2つあります。

1つ目:

「誠実さ」を重視するのはビジネスで
豊かに幸せに大成した先人の言葉から、です。

例えば、
世界的な投資家のウォーレン・バフェット
さんが、チームメンバーを選ぶ際に
「誠実さ」を最重要視するのをみても
ビジネスでの成功と密接に絡んでいて
間違いないと思っています。

サイバーエージェントの社長も、
チームメンバーは技術よりも、
人柄で選ぶというような言葉をいっています。

そして、私の身近でも・・・

これは板前時代の恩師
(今は亡くなってしまった恩人)
が私に言ってくれた言葉ですが、

「私が君を評価するのは何より人柄が良いから。

 板前の技術は教えればいくらでも
 後からついてくる、
 そんなものは必ず上達するから。

 しかし、人柄だけは教えられないからです。」

私もそう思います。

誠実な人間は技術を教えれば200%伸びます。
いくらでも技術はマスターしてもらえます。

人間的に公私ともに長くお付き合いも
できると思いますので、人生において
ワクワクが増えます。

理由の2つ目:

「ヒトはかならず周囲の影響を受ける生き物」

だからです。

周りに不誠実なヒトがいれば、
私自身も不誠実になってしまうからです。

(ということは、チームメンバーも影響を
 受けて不誠実になってしまいます。
 すべてが崩壊してしまうのです。)

人は『必ず周囲に影響を受ける生き物』です。

これは絶対に忘れてはいけない事実です。

それはどんなに意志が強くても、避けられません。
”絶対に”影響を受けてしまいます。

たとえば、

「勉強なんてしなくていいよね。意味ないよ。」

自分の目標のためにやらなくてはならない
ことを面倒がってせず、人生に妥協する
生き方をしているヒトが周囲にいたら、
自分も意識や無意識下でその影響を受けて

半端な生き方になってしまうからです。

逆に言えば、

ビジネスで成功したければ
ビジネスで成功しているヒトと
時間を長く共有すればするほど、
イヤでも必ず成功できる、

そういうものだと思います。

世の中のテレビも本もハッキリいい
ませんが、綺麗事抜きで、付き合うヒトで、
人生の幸福度も収入もライフスタイルも
全て(影響を受け)決まってしまいます。

私はヒトとお付き合いするとき、まず
最優先で1つ、誠実かどうかだけ
気をつけてみるようにさせて頂いています。

「ビジネスで成功したい」

「自分らしく楽しくワクワクした
 人生を送りたい」

場合には、

あなたも誠実なヒトとだけ付き合うように
したほうが良いと私は思います。

PS

フェイスブックには写真をアップしています。

写真は、ミシュランで?星をとった
という都内のパスタ屋さんで
昨日、打合せしながら奢って
いただいた料理です。

こだわりがすごいです。

チーズは、名前は忘れましたが、
パルマで4人しか作れないそうです。

水も、エリクサーという浄水器?
でろ過しているようで、
すごく美味しかったです。

ワインにみえる飲み物は、
実はワインではありません。

ジュースの名前は忘れましたが、
かなり希少な天然のぶどうから
とったジュースらしいのですが、
めちゃくちゃ甘かったです。

あなたもお気付きの通り、
私はグルメはあまり詳しくないです(笑

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura


カテゴリー:考え方

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書