夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

コピーライターの役作り?

プロコピー塾の生徒さんから
興味深い質問をいただきました。

>「入り込む方法」ついて
>「販売者や見込み客に入り込む」ために、
>岡村先生が「特別」何かやられて
>いることはありますか??

たとえば、

役者が、

「役に入り込むために〜〜する」

という事をあなたも聴いた事が
あると思います。

実は、コピーライターも同じで、
「お客さん」だったり、
「コンテンツホルダー(販売者)」だったり、
自分以外の人間に入り込む力
(=その人になりきって感じる力)が大切です。

で、この質問に対する私の回答がこちらです。

〜〜先生の〜〜〜の時でいえば、
会って1時間ぐらいインタビューさせて
もらって録音したものを何度も
聞いたのが大きかった気がします。

〜〜先生の声が脳内で再生されるぐらい
聴いたりしました。

ミッションとか
感情的な声のトーン
部下に対する愛情

とか、聴いていると感情移入してきて
その人自身の立場にたってその人の
口調で話せる(書ける)ような気がしてくるんです。

「〜〜先生だったらこのときはこう話すだろうな」
というのが、何となく特徴を掴めるようになってきます。

そうなるまで、
その人の本を読む
その人の音声を聞く
本人に直接会う
などすると大きいと思います。

子供の時とか、好きな
テレビドラマやアニメを
何度もみたりしているうちに、
好きなキャラクターになりきる
というのに近いのかもしれません。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura


岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書