夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

「センターピンを落とす」考え方

あなたも御存知の通り
ボーリングは1度の投球で
たくさんのピンを倒すゲームだ

多くのうまくいかない人は
端っこの9番ピンばかり
を狙って倒そうとしている

もしくは
ガーターになるような投球を
30歳になっても
40歳になっても繰り返している

だから、同じ時間を生きていても
人生にとてつもない差がでる。

例えば同じ25歳でも差がでる。

知人で25歳で数億円のビジネスを
いくつも展開しているオーナーがいる

もちろん、スタート時は「ゼロ」から。

人脈もコネも資金もスキルも・・・ゼロからだ。

でも、世間一般の25歳の中には
時給650円でフリーターを
やってカツカツな人もいる

同じ25年なのになぜ、こうも人生が違うのか?

『センターピンを狙ってないから。』

若い時の自分を考えても、

センターピンが何なのか、
どうすれば倒せるのか?

と模索する思考もなかったと思う。

「25歳で数億の複数の会社のオーナーは
 ずっとセンターピンを落とし続ける
 人生だったから。」

というのが結論。

センターピンを落とせば、
小さな9番の悩みで悩むこともない
1投球で悩み全てを一気に解決できるから。

例えば、65歳で借金まみれで
お金に苦しんでいるとする
何度も起業しようとして
勉強し続けてきたけど
そういう現状があるとしたら

ガーターを繰り返してしまったか
9番ピンばかりを狙ってしまったから。

時間がないから具体的には話せなかったけど

恋愛でも
ビジネスでも
経済的自由になるスキルでも
人生でも
何にでもセンターピンは存在する

その存在に気づき、倒しに行こう

例えば、「夜まで働ける時間がない」とか
「それ、やってみたいけど、
 今の事業を進めたほうが良いと
 家族が反対する」

などの問題が出たとします、

コピーライティングを極め
それ以上の経済的、精神的メリット
を家族にもたらそうと決めるとか、

「時間がない」という問題も、
普通の人が8時間かかる仕事を
1時間で終わらせるとか、

そしたら少なくとも僕の会社だったら
1時間で帰ってもいいって言います。

拘束してダラダラ働くことに
本質的には意味はなく、
結果を出せば(会社に価値をもたらせば)
何も問題は起きない。

「夜まで働ける時間がない」とか
「それ、やってみたいけど、
 今の事業を進めたほうが良いと
 家族が反対する」という悩み。

ここでは、
スキルを磨くことがセンターピンになる
かも知れない。

スキルにもセンターピンになる
スキルはあるし、
端っこの資格やスキルもある。

オススメはコピーライティングという
センターピンのスキルを落とすこと。

そして、1度決めたら
自分を信じることが大切。

私の場合は、20代の時にそう決断したから
今、最高に楽しい人生を過ごせています。

結局、保証なんてないから
自分の決断を信じて突き進むことが
できるかどうかもかなり大切です。

PS

フェイスブックに子供の写真や
子育てしながらビジネスの
プライベートの様子をアップしました。

写真は、
0歳の赤ん坊ですが、

写経をしていたら
泣き叫び「あ〜〜〜」
という感じで駆けつけまして

左手でミルクをあげながら、
右手でタイピングして投稿してます(笑)
困難を挑戦に変えて、楽しみたいのです。

最近は、
0歳の子にミルクをあげ、
ゲップをさせてあげて、

ウンチを吹いて、
オムツ替えをして
2歳の子と1〜2時間遊び、
残り全ての時間、全勢力を
あげて、勉強し、
ビジネスを進めています。

プライベートも
写経も、
打合せも
プロモーションも
すべて良い感じで、
結構、楽しんでます。

補足ですが、
「人生は他人との競争ではなくて
 どれだけ本人が楽しめているか」
が重要だと思っています。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura


カテゴリー:考え方

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書