夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

【47記事】なぜ、日本の上司はスイス人に嫌われるか?

先日、スイスの友人がこんな愚痴をこぼしてました。

スイスから日本の企業に就職して辞めていったアラサー男性です。

 

・・・・

 

とにかく、日本の奴隷のような労働システムが理解できないんだ・・・

 

僕は2億円の売り上げに貢献したんです、

 

でも、しっかり会社に勤務していたわけではありません。

それが上司の目からは不真面目と映り

ロクに評価してもらえませんでした。

 

彼は上司にこう申し出ました。

 

2億円の売り上げをあげて、会社の利益も

かなり大幅にあげました、だから、しばらく

旅行に行ってきていいですよね?

 

すると、

 

「もっとまじめにやりなさい!君は~」

 

と、バカ者扱いされてしまって

その上司のお気に入りのB君を例に出して

彼のようになりなさいと言われたそうです。

 

B君は売り上げこそ年間1000万円にも貢献

していませんが、毎日、残業も入れて10時間しっかり

勤務してまじめに出席することに関しては完璧な優等生でした。

 

スイス人からしたらB君はダラダラ働いていて

何も成果を出せない奴と思ってたのですが、

上司の評価は優等生だったのでおろどいたようです。

 

最終的には、上司はB君を選び、2億円売り上げに

貢献したスイス人を首にしたのです・・・

 

あなたはどう感じますか?

 

上司の言い分もわかりますが、

これは典型的なサラリーマンの考え方で

サラリーマンの方が起業して一番うまくいかない

原因だと思っています。

 

起業家(経営者)は毎日20時間働いても

商品が売れなければ1円も収入が入ってきません。

逆に、1日30分だけ働いいてもそれが物凄く

価値を生んでいれば月収100万円になれたりもします。

 

働いている時間の量はは全く関係ないんです。

 

成果主義にならないとビジネスはうまくいきません。

 

日本の全ての会社がそうだとは思わないですが、

長い時間まじめに働く人間だけを評価していたら

この国は世界の先進国に次第に遅れを取っていく

のが容易に想像できます。

 

あなたも成果主義になってください。

 

お陰様で電子書籍ランキング1位になりました。

いつもありがとうございます。

 

こちらから確認できますので確かめてみてください。

人気ブログランキングへ
岡村元紀

 


カテゴリー:一人ビジネス

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書