夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

木村秋則さんの成功の戒めに感動

<更新日時> 08月09日(火) 23:16

奇跡のリンゴの木村さんのエピソード

リンゴ農家の木村秋則さんを
ご存じですか?

不可能と言われた無農薬の
リンゴ栽培を成功させた方で
映画や本もたくさん出ています。

リンゴが実るまで確か、8年
ぐらいかかったそうです。

その間、当然ですが収入はありません。

奥さんと娘さんは筆舌に尽くせない
我慢の日々。

雑草をおかずにしていたという
話もある番組で聴いたことがあります。

それぐらい貧乏だった頃、
木村さんは虫歯になったそうです。

歯医者にいけなかった木村さんは
自らの手で歯をすべて抜いてしまった
と言います。

そんな苦労を得て、今や映画にも
なるほどの有名人です。

インターネットでリンゴを
販売したら開始数分で完売に
なってしまうほどの人気ぶりです。

私が感銘を受けたのは、
ココなのですが、有名になり
お金をもった今も歯を入れていない
というのです。

硬いリンゴも歯がないから
そのままでは食べれないのです。

「なぜ、歯を入れていないのか?」

苦労したあの日を忘れないため。

家族に支えられて
リンゴの木が頑張ってくれて今がある
奢りをもったり、謙虚さを
忘れたくないから

そんなようなことを番組で仰ってました。

中々できないと思います。

私もここまではできなくても、
苦労した時、どん底だった時の
謙虚さは忘れずに、決して奢らず
感謝の心をもって生きていきたいです。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

怠け者でも「神のパフォーマンス」を得る方法

<更新日時> 08月07日(日) 15:48

「プロフェッショナルとは何か?」

「20世紀少年」や『YAWARA!』の生みの親、
マンガ家の浦沢直樹さんのセリフがシンプルで興味深いです。

「締め切りがあること。」

毎週締め切りの連載を何年もこなす
超売れっ子の浦沢さんが言うから
説得力がありますよね。

1週間の勝負、

その積み重ねで

大作が作られるわけです、
常人離れした凄いハイペース(神のパフォーマンス)で。

・・・

ここに、圧倒的なスピードで高いクオリティ
を叩き出すプロフェッショナルの答えがあると感じます。

私も本当は怠け者なのですが、
「締め切りパワー」って私のような
怠け者の人ほど体験していると思います。

たとえば、

夏休みの最終日に猛烈なスピードで
宿題を終わらせる事ができるのは
今日仕上げないと、ひどい事になると
わかっているからです(笑

すごい集中力で別人のように
宿題を片付けられますよね。。。

涙目になりながら、
こんなに最終日に辛い思いするなら
コツコツ毎日やっていればよかった
って後悔しつつも、また翌年も
繰り返しますよね(汗)

大人になってからも、
フリーランスでコピーライター
やっていた時は、
最初は、暇で自由な日がたくさんありました。

そういう、

「いつやっても、いいや。

 今日1日自由に使えるから
 1日かけて2〜3記事書こうか」

なんて時ほど、何もできていません。

自己嫌悪になる程ものすごく仕事も遅いです。

「プロフェッショナルとは何か?」
「締め切りがあること。」

またこの言葉に戻りますが、

仕事で高い結果を出している人ほど

「自らあえて忙しさを作ったり
 1日の中で細かな締め切りを
 いくつも設定している」

そんな気がします。

友人のコンサルタントが

「スケジュールに空白を作らなければ
 年収1000万円になれる」

ということを言っていましたが、
ここにもたくさんのヒントが詰まっていますよね。

密にするから、高い集中力を発揮して
1つ1つに取り組めます。

仕事が早い人ほど、スケジュールが
スカスカではないんです。

予定とか見ると、
目一杯入れているんですよね。

私も少しずつ自分を変えていきました、
今では、5分も無駄にしない気合いを
もっています。

「電車移動のこの5分で1記事を書ききる、
 秋葉原駅につくまでに!(笑)」

など決めて車内でカチカチやって
期限内に終わらせるようにしています。

(ブログやフェイスブックの記事は
 大体そんな感じで書いています。)

普段からタイマーを使って50分ルール
(50分集中 10分休憩)
で仕事をするようにしています。

ブログに浦沢直樹さんの仕事の流儀の
様子をアップしているので
みてみてください。

(コピーライターやっている
 人とか勉強になると思います。)

私たちの人生にも期限があります。

人生の質 = 今、やっている事の積み重ね

です。

1年ごと
1ヶ月ごと
1週間ごと
1日ごと
電車移動の10分で
とか。

期限を決めてプロの仕事をする
人が増えると嬉しいですね。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

「君は優秀か?」ジョブズの思考から学べるもの。

<更新日時> 08月05日(金) 12:01

「君は優秀か?」

社員を採用する時に必ず
質問していた偉大な成功者といえば、

故スティーブ・ジョブズです。

突き詰めていけばビジネスは人です。

会社であっても
個人であっても
誰と付き合うか

が一番重要です。

過去の私は間違っていました。

「スキルさえ高ければお金持ちになれる」と。

もちろん、専門的スキルはとても価値が
高いものですが、あの天才ジョブズでさえ、
一度は自分が立上げた会社から追放され
大切な人的資産を失ったのです。

専門的スキルが突出している人は
これから益々稼げるようになります。

でも、思い上がって天狗になれば、
短期的に月収100万円、
年収数1000万円など達成しても
落とし穴に必ず落ちます。

私自身は、

コピーライティングに出会い、
8年経った今も

「自分はまだコピーを理解などできていない

 やっと、コピーライターとしての
 重く崇高な扉の前に立てただけだ

 これから一生をかけて精進していくのみ」

と言い聞かせています。

1つ絶対的な真理として、

『私たちをお金持ちにしてくれるのは人』
なので、人に好かれるための「誠実さ」
「愛」「活動理念」など「人間性」も
豊かに幸せに生きる上で大切なわけです。

突出した専門的スキル

バランスの良い人間性

この2つが備われば、

『 必ずお声がかかる 』

(=上のステージにいる人に
  引っ張り上げてもらえる)

と、私は経験から確信しています。

これからスタートする人にとっても
成功の近道となり、早いのです。

どうか

インターネットであっという間に
お金持ちになれたとしても、
生意気で礼儀を知らない
最低の人間にはならないで下さい。

そんな人間の天下は長くは続きません。

ビジネスで成功し
続けている本物の人は、

合理的ではありますが、

「とてつもなく愛情深い」です。

人を大切にされます。

PS

「最高のコピーライターになりたければ
 最高の人間を目指してください。」

メンターが現役を退いた時、
そんな言葉を教えてくれました。

私もそう思います。

文章は長期的に残るものです、
嘘をつけば、どこかで
つじつまが合わなくなり、
信頼を失います。

お客様に嘘は隠せないものなのです。

ビジネスも長期的なものです。

あなたもお気づきと思いますが、

人に感謝され、社会からも求められ、
幸せに豊かに成功し続けたければ
小細工を考えるのではなく、
人として成長するのが最善最短なのです。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

1代で富を築いた富豪が断言した成功者と凡人との「最大の違い」について。

<更新日時> 08月06日(土) 12:55

岡村です。

時には思いっきり休む事も大切。

ということで、昨日は午前は第二子を
出産した奥さんを産婦人科に向かいに行き、
午後からは病院にいって薬をもらい
1日寝込んでいました。

私は、ほぼ毎日、仕事のことを考えているのですが、
昨日は全く考えないように意識して過ごしました。

休む事に集中したおかげで、
今朝起きたら体調は絶好調になりました。

【 成功できる人とできない人の最大の違い 】

それは、フォーカスを絞れているかどうか。

これは、20代で億万長者になり、
一生分の資産を築き、20代の内に
ビジネスを引退してしまった人物が
おしえてくれた言葉です。

前回の記事:

ボクサー辰吉丈一郎に学ぶ「トップを勝ち取るために大切なこと」

を読むとハッキリとこの言葉の意味がわかると思います。

成功者は1番重要な事に1点集中して生きています。

スティーブジョブズは人生でやりたいことは
1つか2つしかないと語っていました。

堀江貴文さんも成功したければ「バランスを考えるな」
と言っています。

つまり、大事なことにフォーカスを絞って行う事です。
これができれば成功できます。

しかし、私たちは、これができないのです。

(人間の生存本能的にいえば、たくさんの情報に興味を持ち、
 分散して行なっているほうが安心していられるのです。)

堀江さんの言う、
バランスというのはどういう事かと言うと、
たとえば、

休日は家族サービスをして、
友人とも適度に遊び
映画鑑賞や旅行などの趣味も満喫して
仕事も遊びも恋も〜

と言ったように、いろんな事をバランスを
よく積み重ね、生活するような状態です。

これが常識とされています。

ちなみに、常識とは、多数の人が当たり前と思っている事です。

大事なことなのですが、年収1000万円
以上の人は5%とか少数派なので、常識とは
真逆に近いことを考えたり、行っていること
が多いです。

つまり、常識的な行動(バランス)をとって
いてはその時点で経済的成功が少し遠のくのです。

(常識=多数派の人と同じ事を考え、同じ行動を
 とっていれば、多数派と同じ収入、年収300万円
 ぐらいの人に自然となります。)

もちろん、正しい正しくないの話ではありません。

人には、それぞれ価値観というものがあるので
あなたが納得して生きているなら、バランスの
良い人生でも全然良いと私は思います。

大事なのは、あなたらしく生きるためには、
どうしたら良いか理解して、納得して日々を
しっかり過ごせているかどうかだと思います。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

ボクサー辰吉丈一郎に学ぶ「トップを勝ち取るために大切なこと」

<更新日時> 08月02日(火) 20:49

岡村です。

実は、風邪をひいてしまい、
今日は体調がわるいです・・・。

昨日、長男が風邪をひいてしまい
看病していたら、風邪が移ってしまったようです。。。

体調が悪い時、辛くてくじけそうな時、
わたしは、

ボクサー辰吉丈一郎の言葉を思い出します。

彼はとある番組でこう言っていました。

「チャンピオンになれるかどうかは、
 バカになってトコトンやれるかどうかだけだ。
 
 たとえば、早朝ランニングをもう
 何十年も毎日欠かさず俺はやってきた

 雨の日も風の日も走れるかどうか
 ただ、それだけなんや。」

そして、過酷な減量中であろうと
命がけで淡々といつものトレーニング
メニューをこなし、

トレーニング後、クタクタのカラカラに
なって帰宅するのですが・・・

帰りにスーパーによって晩御飯の食材を
買って、家族の料理も作っているようです。

そして、早朝に起きてまたランニングを
続ける、淡々とそういう毎日。

カメラマンがこう質問しました。

「食材かったり料理は奥さんに任せればいいのに
 なぜ、そこまでするのですか?」

その時に、彼が言った言葉に私は驚愕しました。

「こんなにやりたいこと(好きなボクシング)
 やらせて貰っているんだから、普通のことや。」

さらっと当たり前のようにこんな風なことを言いました。

カメラマンも
「こんなにまでトレーニングするんですか?」
と聞いた時、彼は真顔で注意しました。

「それは違う、当たり前のことや。

 プロの人たちみんな、やってるよ。

 何か番組的に良いコメント拾おうと
 しているか知らんけど、それは違うから。」

カッコイイと思います。

だから、チャンピオンになれたんだと、
口先ではなく背中でみせ続けてくれています。

ある時、彼の子供が父親の辰吉に

「自分も世界チャンピオンになる、
 プロボクサーを目指させて欲しい」

と言い出したそうです。

それをみた彼は、最初は「弱ったなあ」
「めちゃくちゃ辛いこといっぱいあるよ」
と釘を刺して伝えていました。

それでも目指したいと言った息子に
彼が示した対応がまたすごかったです。

自分の1日をビデオカメラでみせたんです。

淡々と、膨大な
早朝ランニング
腹筋 背筋
シャドーボクシング etc…
を毎日こなすトレーニングを。

「本気のやつは顔をみればスグにわかる。

 お前はまだ、全然、本気の顔になれてない
 だから、チャンピオンになりたいなんて
 口先だけで甘い寝言を言う。

 毎日、走り込みすること それが
(プロとして進むことに許可を出す)
 最低条件や」

そんな風に言っていました。

辰吉元チャンピオンの言葉は
毎日の地道な鍛錬の『 継続力 』の大切さ、

周りの人から「バカなんじゃないの?」
と呆れても淡々とやり抜くことの
大切さを教えてくれていると思います。

わたしたち普通の人が彼の生き様をみたら
辛いでしょう?と思うと思います。

でも、きっと彼はめちゃくちゃく
自分の人生を楽しんでいると私は思います。

「もう1度、世界チャンピオンになれれば
 悔いはない。楽はいらん。苦しさを俺にくれ」

と、ボクサーとして晩年を迎えた時に
彼は言っていました。

ビジネスの成功者をみても
困難・挑戦を楽しんでいる
人が多いと感じます。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

「なぜ、売れる文章が書けないか?」を小学5年生にもわかる理論で伝えます。

<更新日時> 08月01日(月) 13:56

かなり「重要な余談」から入ります。

【 私がブログを執筆する正直な理由 】
をまずは聴いてください。

ブログを楽しみにしてくれている読者の
方にはがっかりされてしまうかも知れませんが、

それは、結論から言うと、子供に残して
あげたいからです。

「人生を豊かに幸せに生きる知恵」

人間関係
スキル
知識
資産とは何か?

といった考え方を子供に残してあげたい
と思って1つ1つ心を込めて書いています。

私たちはいつ死ぬかわからないのです。

明日、事故にあって死ぬ可能性もあるし、
ステージ4の末期ガンを告知されて
抗生物質をブスブス打たれて入院を
余儀なくされるかもしれません。

(満足に高いパフォーマンスで記事を書けない
 災難に見舞われる可能性が常にあります。)

私も今、30歳後半ですが、
お世話になった人が亡くなっていっています。

それをみて私は、すごく臆病になっています。
(臆病になるのは良い事とおもっています)

家族や自分を信じてついてきてくれる
ライターさんのために、今、死ねない
って思っています。

だから、どんなに忙しくても
毎日、ブログを投稿するようにしています。

さて、今日の本題です。

----------------------------------------------------
なぜ、売れるコピーが書けないか?
----------------------------------------------------

この理論は、ありえないほどシンプルです。

私の答えは「顔が浮かんでないから」です。

先ほど、私が2人の子供やチームメンバーの
ライターさんに向けて書いていると
言いましたが、いわば、身内に近い所から、
『本当に伝えたい』という思いで書いています。

だから、「深く入り込む事」ができます。

あなたも考えてみてください。

子供がいる人は子供に
人生最後の手紙を書く事を

母親がいる人は母に
人生最後の手紙を書く事を

恋人がいる人は恋人に
人生最後の手紙を書く事を

・・・

書けない、ですか?

絶対に書けますよね?

むしろ、
書きたく書きたくて、
伝えたくて伝えたくて
たまらない事でしょう。

(ここに答えが凝縮されています)

そして、

相手の現状、悩み、恐怖、欲しいもの、
言って欲しい言葉などが見えているから、
相手の感情に響く手紙を書けるはずなのです。

インターネットビジネスで情報発信
してもうまくいかない方は、
「誰に向けて書いているのか?」
うまくいっている人と比較すれば、10倍100倍
おぼろげ(抽象的)にしか見えていません。

結果、薄い記事になります。

相手の感情にも響きません。
当たり前ですよね。

だから、売れる文章にならない
のも当たり前なのです。

たとえば、

「南アフリカにいるAさんに向けて
 手紙を書いてください」

と言われたら、プロでライター
やっている私だって困ってしまい
1文字も「書けません。」

年齢も、性別も、悩みも欲も
何もわからないからです。

顔がまったく浮かんできません。

それぐらい希薄な人物像ですから、
絶対に伝えたいという気持ちも
入らないわけです。

「では、どうしたらいいのか?」

それは、また次の機会にお伝えします。

とにかく、
ビジネスでうまくいく人は
シンプルに物事を考えています。

私もそうだったのでよくわかりますが
世の中でビジネスを教えている人の
理論はけっこう難解で複雑に感じて
しまうと思います。

だから、初心者ほど混乱させられて
結果を出す事がむずかしくなってしまいます。

私のコピーライティング理論は
すべてがシンプルです、
小学5年生でも理解でき、ミルミル
上達してもらえる自信があります。

もし、これまでの難解で意味のない
勉強に疲れたら、ライターにとって
重要な情報をブログで毎日、更新して
いくので定期的に購読してください。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

誠実なヒトとしか付き合わない2つの理由

<更新日時> 07月31日(日) 05:14

【 誠実なヒトとしか付き合わない2つの理由 】

「誠実さとは何か?」

それは、

思考と行動と発言が一致していることです。

たとえば、「ビジネスをやってお金持ちになりたい」
と口で言っているのに、

毎日パチンコに行ったり、制限なく
キャバクラに行って女遊びをしたり
「思考」と「行動」と「発言」が
不一致で、改善する気もない人とは
1秒たりとも付き合いたくありません。

家族にも
パートナーにも
塾生にも
お客様にも
メルマガ読者にも「誠実さ」の
あるヒトだけと付き合いたいのです

(それ以外は、寛大でゆるゆるです)

「なぜ、そこまで徹底するか?」

理由は2つあります。

1つ目:

「誠実さ」を重視するのはビジネスで
豊かに幸せに大成した先人の言葉から、です。

例えば、
世界的な投資家のウォーレン・バフェット
さんが、チームメンバーを選ぶ際に
「誠実さ」を最重要視するのをみても
ビジネスでの成功と密接に絡んでいて
間違いないと思っています。

サイバーエージェントの社長も、
チームメンバーは技術よりも、
人柄で選ぶというような言葉をいっています。

そして、私の身近でも・・・

これは板前時代の恩師
(今は亡くなってしまった恩人)
が私に言ってくれた言葉ですが、

「私が君を評価するのは何より人柄が良いから。

 板前の技術は教えればいくらでも
 後からついてくる、
 そんなものは必ず上達するから。

 しかし、人柄だけは教えられないからです。」

私もそう思います。

誠実な人間は技術を教えれば200%伸びます。
いくらでも技術はマスターしてもらえます。

人間的に公私ともに長くお付き合いも
できると思いますので、人生において
ワクワクが増えます。

理由の2つ目:

「ヒトはかならず周囲の影響を受ける生き物」

だからです。

周りに不誠実なヒトがいれば、
私自身も不誠実になってしまうからです。

(ということは、チームメンバーも影響を
 受けて不誠実になってしまいます。
 すべてが崩壊してしまうのです。)

人は『必ず周囲に影響を受ける生き物』です。

これは絶対に忘れてはいけない事実です。

それはどんなに意志が強くても、避けられません。
”絶対に”影響を受けてしまいます。

たとえば、

「勉強なんてしなくていいよね。意味ないよ。」

自分の目標のためにやらなくてはならない
ことを面倒がってせず、人生に妥協する
生き方をしているヒトが周囲にいたら、
自分も意識や無意識下でその影響を受けて

半端な生き方になってしまうからです。

逆に言えば、

ビジネスで成功したければ
ビジネスで成功しているヒトと
時間を長く共有すればするほど、
イヤでも必ず成功できる、

そういうものだと思います。

世の中のテレビも本もハッキリいい
ませんが、綺麗事抜きで、付き合うヒトで、
人生の幸福度も収入もライフスタイルも
全て(影響を受け)決まってしまいます。

私はヒトとお付き合いするとき、まず
最優先で1つ、誠実かどうかだけ
気をつけてみるようにさせて頂いています。

「ビジネスで成功したい」

「自分らしく楽しくワクワクした
 人生を送りたい」

場合には、

あなたも誠実なヒトとだけ付き合うように
したほうが良いと私は思います。

PS

フェイスブックには写真をアップしています。

写真は、ミシュランで?星をとった
という都内のパスタ屋さんで
昨日、打合せしながら奢って
いただいた料理です。

こだわりがすごいです。

チーズは、名前は忘れましたが、
パルマで4人しか作れないそうです。

水も、エリクサーという浄水器?
でろ過しているようで、
すごく美味しかったです。

ワインにみえる飲み物は、
実はワインではありません。

ジュースの名前は忘れましたが、
かなり希少な天然のぶどうから
とったジュースらしいのですが、
めちゃくちゃ甘かったです。

あなたもお気付きの通り、
私はグルメはあまり詳しくないです(笑

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

コピーライターとしての「最初の喜び。」

<更新日時> 07月29日(金) 20:18

コピーライターとしての「最初の喜び。」

それはどんなもので、

「どのぐらい嬉しいか?」

この喜びの臨場感に溢れた報告メール
を読んでもらえれば、きっと分かります。

----------------------------------------------------
岡村様

いつもお世話になります。
〜〜と申します。

〜〜〜の案件で、
遂に、遂に、合格することができました!

合格を知らせるメールを読んだ時は、
ビックリし過ぎて吐き気がしました…
本当に嬉しい瞬間でした。

自分の書いたコピーで「何かが売れる」
ということが、これほど嬉しい事とは…!

これからも精進してまいりますので、
今後ともよろしくお願い致します!
----------------------------------------------------

「自分の書いた文章でモノが売れる」

これは多くの人が体験できない特別な体験です。

噂には聞いていたけど実際に
体験してみて、本当に嬉しかった

というのが伝わってきます。

まずこの小さな小さな成功体験を
積むことがお金持ちになるための
大きな第一歩です。

なぜなら、

1度でも体験したことと
「想像で何となくそうだろうな〜」

というのでは天地ほどの違いがあるからです。

「本当に文章で売上があがるのか?」

私も体験するまでは、本当の意味で
信じきれませんでした。まだ、
コピーを書いて売上をあげたこと
がない方も同じモヤモヤ感があると思います。

1度でも体験できたことに対しては
人は現実味を感じることができます。

そして、2回目3回目の成約をとるのは
意外と簡単になってきます。

なぜなら、

1度できたからです。

「1度、自分ができた」という事実は
何よりも自信につながります。

どんな小さな一歩でも良いので
まずは小さな成功体験を目指してください。

他人に話したら、

「そんな小さな金額で嬉しいの?」

ぐらいに言われるかもしれませんが、

そこは普通の人には理解されないので、
かなり胸を張って喜んでください。

億万長者の先生も新しいビジネスを
スタートして、最初の1ヶ月の報酬が
3000円でも、ガッツポーズあげる
レベルで喜んでいます。

なぜなら、その1歩がのちに数万
数十万、数百万円を生むことが
わかっているからです。

その小さな一歩は、売上がった数値の
何十倍にも価値があります。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

行動しない人=プライドが高い?

<更新日時> 07月28日(木) 02:09

コピーライターとして走り始めた頃に
大恥をかいたことがあります・・・。

何のコネも実績もなかったため、
ゼロから裸一貫で個人営業をしなければ、
仕事は1つもありませんでした。

社会的な実績も、誰かからの紹介で〜
というコネもまったくない
ゼロ状態からだったので、

最初は営業するのが、とても怖かったです。

しかし、私は覚悟を決めて
1日10件、メールで営業を毎日、毎日、
ひたすら行っていきました。

ある時、地元静岡でまぐろの通信販売を
やっているお店から、興味があるから
会って話をしたいと連絡をいただきました。

超うれしかったです。

返信メールをもらえただけでも気分はルンルン、
まだ1つの実績もないのに、いっぱしの
プロになった気分でした。

アポ当日、喜び勇んで私は店長の指定の
事務所に伺いました。でも・・・ドアを
開いて数秒で背筋が凍りつく体験をしました。

「あ、君がメールをくれたコピーライターの〜〜君か。

 今、インターネットに繋がっているから、
 1つ2つ君が手がけたコピーをまずは
 みせてもらえないかね?・・・」

私「じ、実績・・・ですか?」

すぐに私は顔面蒼白になりました。

先ほども書きましたが、私は走り始めで
まだ実績なんて1つもなかったのです。。。

や、やばい、メールで書いた事と
若干矛盾が生じているかもしれない!!

早く答えないと怪しまれてしまう!

詐欺野郎と警察に
突き出されてしまうかもしれない!

一瞬で恐怖に震え上がりました。

でも、この緊迫した空間で
一体、何をどう答えればよいのか?
良いアイデアは浮かびそうにありませんでした。

私は覚悟を決めて、こう答えました。

「あ、あの・・・

 メールでは、実績があるように
 思わせてしまったかもしれません。
 ゴメンなさい。

 じつは、私は駆け出しのコピーライターで、
 実績なんてまだ1つもありません。 

 ただ、あなたのお店を私のコピーで
 売上をあげたい気持ちだけは本当にあります。

 一円もお金はいただきませんので
 どうか、私のはじめての顧客になってください。」

といって頭を下げて誠実にお願いをしたのです。

すると・・・

「わかったよ。

 お腹も空いているだろう。
 ラーメンでも奢ってやるから
 そこで話をしよう。」

と言ってくれたのです。

バカになって素直に行動したことで
困難は招きましたが、
正直に話した事で道は拓けたのです、

ある意味、私の原点かもしれません。

最近、

「行動しない人=プライドが高すぎる人」

というのを感じます。

失敗して周りに
「やっぱり、そうだったろ?
 うまくなんか行かないから
 止めておけって言ったろ?」
と、後ろ指を指されるのが嫌だから。

コピーライターだったら、
周りの人と比べて劣るような
パッとしないコピーを書いて
失敗するのが嫌だから。

いろいろあると思いますが、
うまくいく人ってまだ起こってもない
ことに対して「あれこれ」心配したりしません。

「とりあえず、やってみる。」
「やってみて困る、困ってから
 考え始め、焦りながら何とかする」

みたいな流儀を、周囲の成功した人は
みんな同じようにいいます。

うまくいかない人は、
起こってもない事に対して
事前に勉強したり調べたり、
先生がいたら質問攻めにしたり・・・

もちろん、「失敗したくない」
気持ちは痛いほどわかります。

でも、迷っているうちに
チャンスは去ってしまいます。

目の前に、得体のしれない
美味しそうな食べ物があったら、
まずパクッと食べてみる事です。

「美味しいのかな
 硬いのかな、柔らかいのかな」

なんて、永遠に考える人に
なってる暇があるなら、
パクッと食べてみて
ダメなら吐き出せば良いわけです。

美味しければ食べ続ければいいし、
うまくいく人はその繰り返しです。

「プライドがあって」という人は、
自分のプライドを下げるには
まず行動する事です。

行動すればするほど、
すごい人に会うし、
自分の本当の実力というのも
みえてきます。

しかし、行動しない限りは、
永遠に可能性の中の住人です。

行動しないから、

「まだ俺は本気になってないだけ、
 やればすごいんだけどね。」

みたいに妙なプライドができて
しまうのかもしれません。

でも、

どっちが最終的に格好良い人生を送れるでしょう。

もし、自分の子供が何かで困った時に、
胸を張って知識を教えられるでしょう。

私は妙なプライドはもたない
アクティブ人生でいきたいです。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

情報ビジネス・パイオニアの正直な成功法則

<更新日時> 07月27日(水) 03:21

「人の3倍努力すれば成功する。」

私がインターネットビジネスの世界で
1番すごい結果をだしていると感じた人の
教えの中で感銘を受けた言葉がコレです。

人の3倍努力〜

普通の、当たり前の言葉ですよね。

彼は、知る人ぞ知る、インターネット
ビジネスの世界のカリスマで何十億市場
をひらいたパイオニアなのですが、
彼は、こんな言葉も言っていました。

「小さなことを毎日、律儀に
 コツコツと継続すれば成功する。」

とんでもない数の情報商材、
「秘密の情報」を売るような世界
で成功した人物がこんな当たり前
のことを最後に言って引退していったのです。

あなたはどう感じますか?・・・

「小さなことの積み重ねでしか大きな結果は出せない」

と言ったのは、メジャーリーガーの
イチロー選手ですが、

結局、ある程度の「量」をこなす事が
とんでもない所に行くための
「最短の近道」という事を伝えたいのですが、
でも、多くの人は「量」を軽視してしまいます。

「あんなすごい結果を叩き出している
 のだから、何か特別なすごい裏技
 を使っていたり特別な情報を掴んで
 いるに違いない・・・。」と。

圧倒的な結果を出している人の言葉を
注意深く聞くと、やっぱり量なのです・・・

堀江貴文さんも著書「本音を生きる」の中で、

「みなさんは僕が何か特別な情報を
 掴んでいるから、次々とビジネスで
 成功できると思っていると思います。

 でも、僕がみている情報はみなさんが
 見ているスマホアプリなどの情報と変わらないです。

 LINEニュースとか、

 ただ、1つ違いがあるとしたら
 情報を浴びている『量』です。

 僕は、インターネットの情報通
 と呼ばれている情報強者よりも、
 おそらく桁が1つ違うぐらいの
 大量な情報のシャワーを毎日浴びています。」

と述べています。

これが真実と思います。

圧倒的な量が、質を生み出しています。

私自身も、良いコピー、爆発的な
売上を記録したコピーを書けたときは
かなり濃密にそのこと1点に完全集中
して大量に考えて、大量に書いています。

この記事を読んだ人が一過性のノウハウ
に無駄金を使わされ続けないことを祈ります。

とんでもない結果を叩き出して、
「夢を叶えたい」ときには、初速で
量をこなす事を避けて通れないときが
来ることは知っておいて下さい。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

« 前の記事 | 次の記事 »

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書