夢実現コンサルタント

プロフィール

写真

岡村元紀

はじめまして。

千葉県でコピーライター/コンサルタントを させて頂いている、岡村元紀(おかむらもとき)です。

コピーライターとして独立して8年、 私が培ってきた知識・経験をこの ブログなどで提供させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

(株)JapanCopywriting代表取締役

(社)夢実現コンサルティング協会理事

Amazon4部門ランキング1位獲得ベストセラー著書:

「右脳でミルミル吸収されるパズル型コピーライティング」の著者

※素人専門ライティング教材を開発し、 6年間売上一位&口コミ販売率96.2%、 代理店販売数4500人を達成した ウェブ専門コピーライター

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ) https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/motokiokamura

最近の投稿

カテゴリー

「手荷物いっぱい」=人生は変わらない

<更新日時> 09月13日(火) 15:34

「手荷物いっぱい」の人は成長しない。

「取り組む時間」
「思考」
「人間関係」

固定してしまって、
がんじがらめでいては
その時点で成長できない
のでは、と思います。

パソコンでいえば、
容量99%の状態で
新しい画期的システムを
詰め込もうとするもの。

入りっこないって話ですよね。

1%しか受け入れ体制が
できてないんだから、
結果なんて劇的に変わりっこない。

しょせん自分の延長線上でしか、
1%の範囲でしか変われないわけで
ほとんど成長なんてしない。

ブレイクスルーなんてありえない。

強い人(ビジネスの世界で勝ち残る人)
って常に変化に
対応できる人と私は感じます。

つまり、「水みたいな人」と感じます。

ご存知のように野球選手の
「イチロー」はバッティング
フォームを固めていないです。

どこかで自分のやり方を
否定というか、疑問を持つ
ようにしていて、変化に
柔軟に対応する姿勢がある。

軸は大きく変えてないが
常に進化を続けている印象。

ホリエモンも、ノイズって言って
あえて自分が理解できない人の意見を
ニュースアプリなんかでみるよう
にしているそうだ。

アイデアに限界を作らないためだろう
と思う。

共通しているのは、常に、
変化を受け入れる姿勢がみえること。

ビジネスでうまくいっている
人たちって芯は持っていて大切にしてるけど、
許容する柔軟さはすごくあるように感じます。

岩のような人は自分の成長に
ストップをかけてしまっていると思います。

「コピーライターは特に水であるべき。」なんです。

多種多様な価値観をもった人に向けて
最高の商品をコトバの力で販売していく
仕事なのです。

この世界、自分と同じ価値観を持った
人のほうが少ないわけで・・・。

逆に考えれば分かりやすいのですが、

成約が取れない人は、
自分の価値観(現実)で文章を
書いてしまっているのです。

違いますよね。

自分のフィルターを外して、
俯瞰して見る眼が大切。

自分ではなく、
お客さん視点からみる眼も大切。

自分の現実は横に置き、
その商品の見込み客の現実
(価値観)に入って書くから
反応が取れるわけです。

PS

ちなみに私は、自分の人生が
変わったのは、それまでの自分
の9割を捨てたからと思っています。

「こういつに人生の操縦桿を持たせて
 いたらダメだ」と20代の時に気づいたんです。

こいつマジでダメだわ。糞だわって
思って、自分の容量を、9割あけたんです。

そして、成功者を先生を一人に絞って
ある種、「積極的に奴隷」になって
まるごと受け入れていったから
少し変わることができたと思っています。

1%の容量でどうこうしようとしていたら、
きっと何1つ変われなかったですよね。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

私の人生をかけたプロジェクトが始動

<更新日時> 09月10日(土) 20:33

%%NAME%%さん
岡村です。

土曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか?

私はといえば、今日は0歳と2歳の
子供と奥さんと、リフレッシュを
兼ねて遊んできました。

かなり夫婦仲も回復しました。

最近でこそ、平和になりましたが
一時期は毎日が子育てで、毎日
キレまくり感情爆発中の奥さんと
修羅場バトルでした。

「仕事に集中したい」私と
「子育てや家事を手伝って欲しい」
彼女と最悪にすれ違っていた時は、

「離婚する!」って感じでその時は、
荒れてましたが、今はかなり奥さんとも
仲良くなり来月も私の故郷、静岡に3泊4日の
旅行にいくような感じになっています。

家族ネタとかは頻繁にFBにあげているんで
良かったらみてください。

https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

さて、

今日は今、私が最も情熱を注いている
プロコピー塾の4期募集の件で
メールさせて頂きました。

これまで1期〜3期まで全て満員御礼に
おかげ様でなり、4期には参加したい
とメールをもらったりしていましたが、
今回、次元を超えたパワーアップを遂げてます。

表には出てこない巨大な組織、
広告費1億円使うようなレベルの
組織と一緒に行えるようになって、

コピーライティングのスキルアップに
おいては、
絶対に日本一の環境を提供できる
と断言できるほどになっています。

<重要>

4期募集の案内を受け取るには
専用のメルマガに登録して下さい。

明日の朝5時にこの大幅にパワーアップ
した4期募集のランディングページを
お届けします。

3期募集の時に登録してくれた人は
そのまま、4期募集の案内を流させて
いただくので、特に登録の必要は
ありません。

(不要でしたら解除してくださいね)

登録していなかった人で、
進化した塾、最高のスキルアップの
環境に興味がある人は忘れずに
登録をしておいてください。

登録できる期間は
9月11日〜14日の朝5時まで
となっています。

では、明日の朝5時に私が
人生をかけて挑んでいる塾の、
4期募集のメールを
送らせていただくので
楽しみにしていてください。

メルマガに登録してない方は
「岡村元紀 ∞コピーライティング メルマガ」
で検索、登録してください。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

「センターピンを落とす」考え方

<更新日時> 09月03日(土) 12:36

あなたも御存知の通り
ボーリングは1度の投球で
たくさんのピンを倒すゲームだ

多くのうまくいかない人は
端っこの9番ピンばかり
を狙って倒そうとしている

もしくは
ガーターになるような投球を
30歳になっても
40歳になっても繰り返している

だから、同じ時間を生きていても
人生にとてつもない差がでる。

例えば同じ25歳でも差がでる。

知人で25歳で数億円のビジネスを
いくつも展開しているオーナーがいる

もちろん、スタート時は「ゼロ」から。

人脈もコネも資金もスキルも・・・ゼロからだ。

でも、世間一般の25歳の中には
時給650円でフリーターを
やってカツカツな人もいる

同じ25年なのになぜ、こうも人生が違うのか?

『センターピンを狙ってないから。』

若い時の自分を考えても、

センターピンが何なのか、
どうすれば倒せるのか?

と模索する思考もなかったと思う。

「25歳で数億の複数の会社のオーナーは
 ずっとセンターピンを落とし続ける
 人生だったから。」

というのが結論。

センターピンを落とせば、
小さな9番の悩みで悩むこともない
1投球で悩み全てを一気に解決できるから。

例えば、65歳で借金まみれで
お金に苦しんでいるとする
何度も起業しようとして
勉強し続けてきたけど
そういう現状があるとしたら

ガーターを繰り返してしまったか
9番ピンばかりを狙ってしまったから。

時間がないから具体的には話せなかったけど

恋愛でも
ビジネスでも
経済的自由になるスキルでも
人生でも
何にでもセンターピンは存在する

その存在に気づき、倒しに行こう

例えば、「夜まで働ける時間がない」とか
「それ、やってみたいけど、
 今の事業を進めたほうが良いと
 家族が反対する」

などの問題が出たとします、

コピーライティングを極め
それ以上の経済的、精神的メリット
を家族にもたらそうと決めるとか、

「時間がない」という問題も、
普通の人が8時間かかる仕事を
1時間で終わらせるとか、

そしたら少なくとも僕の会社だったら
1時間で帰ってもいいって言います。

拘束してダラダラ働くことに
本質的には意味はなく、
結果を出せば(会社に価値をもたらせば)
何も問題は起きない。

「夜まで働ける時間がない」とか
「それ、やってみたいけど、
 今の事業を進めたほうが良いと
 家族が反対する」という悩み。

ここでは、
スキルを磨くことがセンターピンになる
かも知れない。

スキルにもセンターピンになる
スキルはあるし、
端っこの資格やスキルもある。

オススメはコピーライティングという
センターピンのスキルを落とすこと。

そして、1度決めたら
自分を信じることが大切。

私の場合は、20代の時にそう決断したから
今、最高に楽しい人生を過ごせています。

結局、保証なんてないから
自分の決断を信じて突き進むことが
できるかどうかもかなり大切です。

PS

フェイスブックに子供の写真や
子育てしながらビジネスの
プライベートの様子をアップしました。

写真は、
0歳の赤ん坊ですが、

写経をしていたら
泣き叫び「あ〜〜〜」
という感じで駆けつけまして

左手でミルクをあげながら、
右手でタイピングして投稿してます(笑)
困難を挑戦に変えて、楽しみたいのです。

最近は、
0歳の子にミルクをあげ、
ゲップをさせてあげて、

ウンチを吹いて、
オムツ替えをして
2歳の子と1〜2時間遊び、
残り全ての時間、全勢力を
あげて、勉強し、
ビジネスを進めています。

プライベートも
写経も、
打合せも
プロモーションも
すべて良い感じで、
結構、楽しんでます。

補足ですが、
「人生は他人との競争ではなくて
 どれだけ本人が楽しめているか」
が重要だと思っています。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

満員御礼のあの企画・・・

<更新日時> 08月26日(金) 23:42

岡村です。

今日は東銀座でびっちり

【荻野功一朗さんと打合せ。】

東銀座駅の近くにある歌舞伎座の近辺で
「プロコピー塾(プロコピーライター養成講座)
4期募集の打合せしてきました。

1期〜3期まで満員御礼になった最大の人気企画が、
かなり今回パワーアップしました。伝えるのが楽しみ♬ 

8月末おそくとも9月最初の週にはご案内できそうです! 

http://www.adandweb.com/adwork/ 

キャノン NTT マイクロソフト TOYOTA アマノ など
荻野さんが手がけられてきた広告が上のURLからご覧になれます。

荻野さんはコピーライター歴26年。

中堅企業から上場企業まで、数十万円の報酬の新聞広告・
カタログから累計売上1億円以上のインターネットの販売ページ
まで多種多様にとんでもない量を手がけられてきました。

だから、安心して私たちの塾「プロコピー塾」で
「プロのコピーライティング」を学んでください。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

販売者が「書きそうにない単語」を使わない

<更新日時> 08月23日(火) 03:49

コピーライターとは、

販売者の代わりに、
ゴーストライターとなって
メルマガを書いたり、
広告を書いたりする仕事。

優れたコピーライターは
その人の現実になりきるのが
とてもうまいです。

イメージでいえば、
もうその人の顔やしゃべり言葉
が頭に浮かぶような状態で
書いていたりします。

逆に、

結果を出せないコピーライターは
【自分の現実】がちょくちょく出て
しまっています。

だから、

その方が言いそうにない単語を使って
しまったり・・・

「この先生、こんな感じだったっけ?」
と読者に違和感を与えるような
メールを書いてしまったりします。

以前、男性コピーライターに、
女性向け商品の販売ページを
書いてもらった事があるのですが、

もう女性が使わないような
男性的な単語が多いこと多いこと・・
すごいロジカルなカタカナとか
専門用語が多かったんです。

明らかに女性が言いそうになかったんです。。

とにかく伝えたいのは、

優れたコピーライターは
その人の現実になりきるのが
とてもうまいという事です。

そうなるための方法は以前にも
書いたので読んでみてください。

http://copywriting.cc/blog/?p=2363

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

「ただ書くだけ」がコピーライターの仕事では断じてない

<更新日時> 08月21日(日) 13:22

コピーライターって
「書く仕事」だと思っている人が
多いと思いますが、
それだと本当に「良い仕事」ってできません。

下記は実際のビジネスの現場で
良くライターが遭遇するケースの「例え話」です。

【 あり合わせの素材でカレーを作るか、それとも・・・ 】

*レストランで人参なしのカレーが出されてきて、
 それに対してオーナーと店長との問答

オーナー
「なぜ、このカレーには人参が入ってないのでしょう?
 お客さんは美味しいカレーを食べたいのに・・・」

コックさん
「人参はこの季節、この土地では手に入らないのです。
 だから、人参なしで今回は市場に売りに行かせてください。」

オーナー「・・・・わかりました。

     では・・・・にしましょう。」

たとえば、こんな状況になった時、
どう回答するかって話なんですね。

まあ、2択です。

選択肢1「人参なしのありあわせの素材で作らせる」

選択肢2「人参を入手する方法を伝えて、
     人参を用意してもらう」

どっちの選択肢がお客さんが喜び、
しいては、そのお店のためになるか、
なんて事は「皆までいうな」って話ですよね。

(でも、多くの駆け出しコピーライターが
 用意された素材だけで書き出してしまうのです。)

これはコピーライターでいえば、
例えば、「商品に希少性をつけてなかった場合」
など、情報コンテンツのコピーを書く時には
よく遭遇します。

販売者に聞いても「ありませんね〜」で終わる話です。

なぜなら、希少性をつける価値や重要さを知らないからです。

そこで、書く事だけが仕事と思っている
コピーライターは元からあったありあわせの素材
でコピーを書いてしまいます。

だから、しょぼい結果しか出せません。

顧客やお客さんに感動も届けられません。

でも、良いコピーライターは、
やはり素材から見直します。

希少性をつける方法を一緒に考えたり、
時には商品をゼロから作り直してもらったり・・・。

そうです。

冒頭で私はこう話しました。

コピーライターって
「書く仕事」だと思っている人が
多いと思いますが、
それだと本当に良い仕事ってできません。

「人参のないカレーを妥協して出すコック」
はプロとは呼べないわけです。
社会にとっても迷惑な存在かも知れません。
出されたお客さんも満足できないから、
ファンなんてできるはずがありません。

妥協したお店は、そのうち客足が遠のき、
自然淘汰されますよね。

コピーライターも同じで、
販売者がたまたま用意していた、
「持ち合わせの素材」だけで書く
ことが最善とは限りません。

顧客の想定外のダイナミックな提案
をすることもあるわけです。

カレーのたとえ話をした後に聞けば、
この意味がよく分かると思います。

良いコピーライターは、

顧客の商品を「より売れる方向に」
そして、
お客様も「より喜べる方向に」

愛と情熱をもって一緒に考え、導ける人なんです。

(実は、これってそんなに難しい話ではないんです。
 インターネットを活用すれば、簡単に
 アンケートが取れて、お客様の悩みや
 願望がわかります。そして、情報コンテンツ
 であれば無料で作成し、補えるのです。)

そんなコピーライターが世に増えたら、
世の中、もっと面白くなりますよね。

私たちはプロコピー塾を通して
そういう世の中を作りたいのです。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

超一流の指揮者に学ぶリーダー論

<更新日時> 08月20日(土) 22:57

私の好きなテレビ番組で
「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組があります。

いつも感じるのですが、
この番組、すごすぎませんか??

超一流の人の考え方・仕事の流儀を
何ヶ月もかけて追ったものを、
私たちは無料で観れるんですから。。。

オーケストラにも
指揮者にもまったく興味が
なかったのですが、
これを観て、鳥肌が立ちました。

とにかく、決断がカッコイイです。

私を救ってくれた考え方の1つに
「全て自分の責任」という言葉があります。

同じような事を仰っているのですが、

仕事やプライベートで
腹が立った時も、
失敗した時も
問題が起きた時も、

「全て自分の責任」

と思うようにしています。

過去に、そのように考えて
うまくいかなかった事は1つもありません

私にとって魔法の言葉です。

「全て自分の責任」

ぜひ、あなたもピンチの時には
この言葉を思い返してみてください。
いろいろな事に気付かせてくれます。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

悩みには2つある〜コントロールできない事で悩むと病気になる〜

<更新日時> 08月11日(木) 16:25

20代の私は仕事に不満を持っていました。

12時間労働(休みは2週に一度)で
月の給料は10万円
職場の人との人間関係も
あまり良いものではありませんでした。

オープンキッチンの現場で
板長を任せてもらっていたのですが、

焼き場と刺身を切るのと
お皿のセッティングなど
一人何役もこなしていました。

今思えば未熟な面もあるのですが、
水を飲む暇もないほど動きっぱなし
な状態で働いて、それはまあ
良かったのですが、

それにしては給料も周りの人、
バイトと時給換算で比べても
そう変わらなかったので
不満は蓄積していきました。

とはいっても、私もまだ若く
人生の選択肢を広げる術を
知らなかったので、しばらくは
そのままモヤモヤしました。

そして、ある時、辞めることを
告げて、後釜だけ育てて辞めさせて
いただく道を選びました。

辞めて、スタートしたのが
インターネットビジネスでの起業でした。

板前から全く畑違いのインターネット
ビジネスに飛び込んだのですが、
冷静にみれば辛いことが多かったと思います。

でも、本人からしてみれば辛くなかったんです。

納得して自ら選んだ上での苦しい道は、
辛くはないんです。

今、すごく大事だと思っている教えがあります。

『 コントロールできない事で悩むと病気になる 

  コントロールできることに集中する 』

という言葉です。

「会社の上司などの人間関係で悩む」

「会社の給料が安くて将来に不安になる」

これらは社員さんにとっては
コントロールができない事なのです。

私は辞めたんです。

そして、自分で全てをコントロールするために
人生の舵を取り始めました。

コントロールできない事で悩むと人は病気になります。

「なぜ、自分の親はこの親なんだ」

「なぜ、自分は美人に生まれなかったんだ」

「なぜ、親はきちんとした
 教育を受けさせてくれなかったんだ」

「なぜ、良い人との出会いがないんだ」

世の中では、コントロールできない悩みで
悩み、地獄にはまってしまう人が多いです。

1度、頭がそっち(コントロールできない悩み)で
染まってしまうと、生産的な考えも生まれなくなります。

いざ、仕事に立ち向かおうとしても
自分のポテンシャルも発揮できなくなります。

逆に、

「自分が変われば周囲も変えられる」

と信じて自分を高めていくと
コントロールしようとしなくても
コントロールができるように
なったり景色が変わっていきます。

自分の脳だけは自分でコントロールできるのです。

私の場合、まず悩みがでてきたら、
これは自分でコントロールできるのか、
それともコントロール不可能な悩みなのか
を見極めます。

で、コントロールできない悩みだった場合には
決断をして、悩みを捨てます。

決断とは、

切り捨てるのか
やるのか
それとも、第3の道を探すのか?

この3択で考えます。

「中途半端に問題を放置」だけは
あまりしたくありません。
(脳の片隅に残った悩みは
 自分のエネルギーを奪うからです。)

忘れないでください。

『 コントロールできることに集中する 』

人生は短いです。

コントロールできない事で悩み、
あなたの素晴らしい才能を
発揮できないトラップにハマらないでください。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

コピーライターの役作り?

<更新日時> 08月11日(木) 14:53

プロコピー塾の生徒さんから
興味深い質問をいただきました。

>「入り込む方法」ついて
>「販売者や見込み客に入り込む」ために、
>岡村先生が「特別」何かやられて
>いることはありますか??

たとえば、

役者が、

「役に入り込むために〜〜する」

という事をあなたも聴いた事が
あると思います。

実は、コピーライターも同じで、
「お客さん」だったり、
「コンテンツホルダー(販売者)」だったり、
自分以外の人間に入り込む力
(=その人になりきって感じる力)が大切です。

で、この質問に対する私の回答がこちらです。

〜〜先生の〜〜〜の時でいえば、
会って1時間ぐらいインタビューさせて
もらって録音したものを何度も
聞いたのが大きかった気がします。

〜〜先生の声が脳内で再生されるぐらい
聴いたりしました。

ミッションとか
感情的な声のトーン
部下に対する愛情

とか、聴いていると感情移入してきて
その人自身の立場にたってその人の
口調で話せる(書ける)ような気がしてくるんです。

「〜〜先生だったらこのときはこう話すだろうな」
というのが、何となく特徴を掴めるようになってきます。

そうなるまで、
その人の本を読む
その人の音声を聞く
本人に直接会う
などすると大きいと思います。

子供の時とか、好きな
テレビドラマやアニメを
何度もみたりしているうちに、
好きなキャラクターになりきる
というのに近いのかもしれません。

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

「君を1億円ライター」にできる”根拠”

<更新日時> 08月10日(水) 17:32

岡村です、

よく「努力は見せるな」っていいますが、
私は「自分の努力を公言するダサい奴」です・・・。

これから、努力とか含めてヤラシイことを、
コッテリ、ギトギトに伝えていくんで覚悟してください(笑

最近、我慢できないんです、
7年モノですから吐き出させてください、

ニセモノの指導者を叩き切るって事で
約7年想ってきた、「クソ指導者」への
本音をぶちまけますね。

まず、あなたに質問です。

「人間の本性っていつでるか?」

その『人の本性』って
いつでると思いますか?

「酒を飲んだ時」とか、
「大金を持った時」って言われますが、
病気などで弱って理性がなくなってきた
時も含まれると思っています・・・。

だるいな、でもヤることあるからね。と思い、
ふと、熱を計ったら38.8度ありました。

奥さんにも怒られました。

「赤ちゃんがいるのに・・・」

この怒りは正しいと思います。

正直、言われた時は面白くなかったですが
冷静に考えると「赤ちゃんの命にも
関わるので」当然のこととも思います。

(39度程度の風邪でちょっと集中力が
 ないので本題から外れました)

話を戻しますが・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
偽物メンターの超絶シンプルな見極め方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

超簡単です、

一発でわかります。

それは、大金をもって、態度が
でかくなったり、それまで
「私はビジネスに命がけです!」
「ライフワークです!」
とか公言していたのにビジネスを
完全にやめる人はニセモノとしか私は思いません。

(斎藤ひとりさんのようにお弟子さんたちに
 自分のミッションを預ける、
 事業を継続するとかは別と思います。)

また、もう1つの可能性として、、、

たとえば、

自分の過去の何十倍何百倍もの唸るほど
の月収をもち、ライフスタイルがかわり、
一時、思い上がって道を踏み外して、また元に
戻るってことは私程度のダメ男ならよくあります・・・。

(だから、長期的なスパンで指導者をみるって大事なんです)

インターネットで中途半端に
騙して、不幸にしてでも売りまくって
海外に逃げる人たちとか、
薄っぺらい発言している人たちを
見た時、

100歩譲っても、

「俺は長いから
 あんたの発言ずっとみてきたぞ、

 嘘ついてんじゃねーよ
 このヤローって」と私は思います。

(といっても、もう7年前から
 やってた有名人は8割以上、
 業界から消えていっていますが・・・)

それ以外に理由があったら
コメント欄から教えて欲しいです。

その人が言っている言葉が、
すべてが薄っぺらいと思うし、

稼ぎ切って引退、
結局、本性みえたりってことで、
銭儲けの1つでビジネスを
やっていたとしか思えません。

「(割り切ってやるのは)
 そんなの人それぞれだろっ!」

ってことだと思います。

それはそれで良いと思いますが
一番被害を被るのは誰かって事です。

(人生棒に降られてしまう人もいるわけですよね)

ともかく、
発言より行動をみればその人の
本性ってわかりますよね?

(それも長いスパンで。コアは変わらないわけですから。)

そんなコピーライターは、
コンテンツホルダーを不幸にします。

また、これから学ぶコピーライターの
卵たちは、そんな人物についていったら最後

その時点で成功の道が絶たれてしまいます。

なぜだと思いますか?

答えは、簡単ですよね。

私の昔話ですが、

約6〜7年前の愚かな私は、

そんなこともわからず、
札束や報酬のキャプチャー画像を
貼った有名人を信じ、教材を買い漁り

リーマン時代に貯めた
250万円の貯金を全部とかして
借金まみれになった過去があります。

だから、このこと、強く伝えさせてください。

お金に関係なく精力的に
情熱的に長く活躍できる人を
メンターに選ぶべき、と私は思います。

「あなたを成功させたい」=
それが真実の気持ちだからです。

話を戻します。

「そういうアンタ、岡村元紀はどうなんだ?」

って話だと思いますので
これから安心材料を少し出していきます。

(ただし、あまり時間はないので
 ここでは簡潔にいきます。)

画像にはモザイクかけてますが
1dayで**億円売れ、今、ある分野で
1位が証明されたコピーライティングです。

私たちは本気の集合体です、

塾には巨大な組織や、
日本最高峰レベルに情熱が高い
コピーライターが多数在籍しています。

まず、私でいえば、
写経とか最重要なことを
風邪なんかで休まないってことです。

ブログにボクサー辰吉丈一郎元
チャンピオンが、

20年30年と1日も休まずに
超楽しんで、ランニングを
していたことを書きましたが、
アレなんです。

「超楽しんで普通の人が
 根を上げるハードな継続を」
ってのがポイント。

本気とか謳ってるくせに
風邪レベルで休むなんて
やっぱり彼をみていたら、
ありえないわけです。

また、私のような弱者はこうやって
公然とコミットメントすることで
自分をどんどん追い込んでいくんです。

そして、成功=100%の夢

にするんです。

多くの頑張っている人は
まだ99%の成功意欲なんですね。

だから、迷うんです。
辛いんです。

「今日は写経やめとこっか?」
とか。

成功欲求を100%にしたメッチャ楽しいんです。

時には息抜きもあろうとは
思いますが、

人生スパンでみたら

デートよりも、
家族サービスよりも、
何よりも、優先順位は高く、

天秤にかけたときに、
1秒もやろうかどうかなんて
迷わないですよね?

100になれば、
ドンドン物事ってうまくいきます。

メンターも、
協力者もどんどん出会うし、
どんどん収入ってスキルに
比例して超自然にあがっていきます。

信じられないなら、
試しに、プロコピー塾に
参加してください。

私たちプロコピー塾の指導者は
あなたを一流コピーライターにできる
完璧なデータ・裏付け・人的資産・
コンテンツをもっています。

詳しくはメールとかで少しずつ伝えます。
あんまりネットで明かしたく無いので。

(メルマガはブログから購読可能です。
 無料で読めて、2秒で購読解除できて
 クソみたいなアフィリとか有りえ無い
 んで、ちょっとでも

 ライティングを伸ばしたい人は
 マジで見逃さないでください。

 すでに私たちがライティングを
 レクチャーして、ライター未経験から
 1年も経たずに2億円の売り上げを
 あげた塾生もいるんです。

 私はこれからの数ヶ月〜1年は
 塾生たちを一流にもっていくために、
 超本気、命をかけてヤるんで
 みててください。

 私たちチームは1億円の広告費使い
 100回とかキャッチコピーの
  ABテストを行います。

 日本初の博士レベルの
 プロフェッショナル・コピーライター・チームなんです。

 これは最高の環境であることの1例ですが、
 日本で周囲をみても勝負にならないわけです

 気合いや根性で言っているわけではなく、
 数値で証明し、獲るべくして1位を獲る
 って思っています。)

もし、この岡村って奴が命をかけて行い、
巨大な組織や荻野さんはじめ、
チームメンバー全員で用意した文字どおり
最高峰のコピーライターとしての環境に身を置き、

ぶっちぎりで今、ヘラついている、
自称ライターや2流ライターを追い抜き
たいなら必ず、ブログから、岡村のメルマガ
「無限大コピーライティング」に登録しておいてください。

崇高な命がけの本気で挑んでいる
プロコピー塾の募集を8月中から後半
あたりに行いますので。

http://copywriting.cc/blog/

続きはまた次回に書きます。

やっぱ、楽しい事取り組んでるんで、
だいぶ、記事を書いていて熱が下がって
きました、ありがとうございます。

奥さんと赤ん坊のことを考えて、
私は解熱剤を飲んで一人ロンリーに事務所で寝ます。

ブログにも、本音しか書いてないので
よかったら読んでください。

あなたのワクワクは決して
裏切りません。
短期間でトンデモナイ次元の
コピーライターの世界に
あなたを連れて行きますので!

岡村元紀

岡村元紀フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/motoki.okamura.9

岡村元紀メールマガジン
http://copywriting.cc/blog/?page_id=2130

岡村元紀ツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/motokiokamura

次の記事 »

岡村元紀の著書

Amazon4部門ランキング1位獲得

小学5年生でもわかるコピーライティング入門書